2014年末撮影旅行7

| コメント(0) | トラックバック(0)

 当初は旅行予定は年末の姫路城(前回の話)で終了だった。

年始を実家で過ごして帰宅途上、列車が京都近辺を走ってる最中に外を見るとかなり雪が残ってた。

リバイバル富士を撮影した帰りに滋賀で一面真っ白に積もってるのを目撃してるし、

そもそもつい3年前まで滋賀北部に住んでたし、雪自体は珍しいとも思わない・・・逆にゲンナリするぐらい。

が、京都市内で雪がそこそこ積もってるのはあまり見た覚えが無い。

降ってるのは何回か見たが、少々白くなるぐらいで少し天気が良くなると昼頃には溶けてるって程度。

そう言えば京都に雪が結構積もってるとニュースで聞いたが、まさかここまでとは思ってなかった。

で、そんなこんな考えてたらふと思った。

ひょっとして金閣の屋根にも雪が残ってるんでは?と

確か金閣はライブカメラが有った筈と慌てて携帯で検索・・・見たら結構雪が残ってる。

まさか1・2時間で溶けるとは思えないし、今から行っても残ってる可能性は高い筈。

運悪く雪がドサッと崩れ落ちたら話は別だけど。

って訳で電車が京都駅に到着後、バスターミナルへ。

初詣やら何やらで無茶苦茶混んでた上に金閣寺方面行きも長蛇の列。

にも関わらずバスの本数が少ない・・・と言うか手前までの行き先のバスが矢鱈と多い。

しかもそのバスにはロクに乗客が居ない。多くても数人とか。

で、来たバスに並んでる乗客が満員電車並にギュウギュウに詰め込まれていく。

変に押し込まれてのけぞり状態になってしまって無茶苦茶キツイ。

正直、満員電車の方が通路スペースが広い上に駅以外は停車しないからマシって状態。

信号や渋滞で停まったり動いたりる度に体に負荷が掛かる。

よりによって三が日だから無茶苦茶車が多くて市内全般渋滞だらけだったし。

あとから考えたら1日乗車券を買って地下鉄で北大路駅まで行って北大路バスターミナルから

金閣寺経由の京都駅行きに乗れば余裕で座れて楽が出来た(その上に早く着いた)と思う。

結局少し動いては長時間停まりの繰り返しで金閣寺道へは一時間程度掛かって到着。

バスから下車して歩くが歩道は雪が氷と化してしまってツルツルすべる。

鹿苑寺(金閣寺)境内はさらにツルツル&グショグショのコンボ。

で、なんとか受付に到着・・・ここまで歩いて想像出来てたが受付前は大勢の参拝客。

金閣は観光客受けするからいつも観光客が多いが、これほど大勢居るのは初めて見た。

と言っても数十人程度で、正月の春日大社とか大規模な神社に比べりゃ屁以下の人数ではあるのだが。

案の定、金閣の池の前は撮影する人でごった返してた。

なかなか最前列は空かないが頑張って粘って撮影。
20150103Kinkaku01.JPG
20150103Kinkaku02.JPG
画像は2枚はK-3+タムロンA009にて撮影。

20150103Kinkaku03.JPG
20150103Kinkaku04.JPG
画像は2枚はK-3+DA35安にて撮影。

キンピカなので太陽に照らされてる時は露出を下げないと白飛び気味になった。

帰りは金閣寺道バス停は長蛇の列になっていたので、雪が残ってる歩道を苦労しながら歩いて

北大路バスターミナル方面側一個手前のバス停から乗車して座って駅へ向かった。

当然、次の金閣寺道バス停ではギュウギュウ詰めの満員になってた。

それと後々知ったが雪の醍醐寺もかなり良いらしい。

次についでに京都に寄った際に雪が積もってたら醍醐寺に行こうかと思う。

まぁ冬は寒いのでしばらくどこも行かずに引き篭もる予定ではあるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://goinkyox.com/cgi-bin/MT/mt-tb.cgi/345

コメントする

このブログ記事について

このページは、ご隠居Xが2015年1月25日 10:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014年末撮影旅行6」です。

次のブログ記事は「久々に無鉄砲本店に行った」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • BlogGazou
Powered by Movable Type 6.0.3