『ご隠居デンジャラスツアー?回目(仮称)』
「あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らない」の11

グランドキャニオンとモニュメントバレー他いろいろ
  いい加減に似た風景に飽きながらも先に進んで隣のジ・アビスへ。

で、適当に撮る。
ジ:移動したから少しは変わってるんだがなぁ。

ご:けど、ほとんど似た様な感じ。

更に移動してピマポイント。

夕日を見るのに適したポイントと言われるが今はまだ昼。

少し撮ったらまた移動して終点のハーミッツレストへ到着。

ご:ハーミッツレスト=隠者の休憩所って意味だそうだ。

  駐車場傍になぜか小さなゲートっぽい物がある。

ジ:そう言う名称って事は休憩所でも有るのか?

ご:お土産物と軽食を扱ってる売店とトイレと有料の望遠鏡が有る。

裏側
ジ:世俗的過ぎて隠者もヘッタクレも無いな。

ご:なお、トイレはボットン便所だ。

ジ:まぁこんな所だし仕方が無いな。

ご:底を見たらこっちの方がよほどジ・アビスって感じだった。

ジ:汚ぇな。

ご:なお、ルートの終点だが木が多いので景色を見るのにはそれほどお勧めしない。
って訳で終点まで来たので引き返す。

ビレッジにはスグに到着するもラスベガスへ向かうべくゲートへ。

ジ:あれ、まだ昼だよね?

  いつもは日没までいるのに珍しいな。


ご:今回は用事が有るので早く出る事にした。

ゲートを出てそのまま南下し、約30分で目的地に到着。
ジ:この建物は何?

  博物館っぽいけど。


ご:観光案内所を兼ねたプレーンズオブフェイムの別館。

ジ:こんな所にプレーンズオブフェイムの別館が有ったんだ。

ご:前々から有るのは知ってたんだが、ここ通る時は閉館後ばっかりだったから。

ジ:そう言えば深夜ばっかりだな・・・あれ?行きは朝通ったよね?

ご:あの時は開館前でなおかつアンテロープキャニオンへ急いでたから。

  って訳で何回も通ってる割に初訪問。


とりあえず館内へ行くとオッチャンとオバちゃんがおしゃべり中。

声を掛けたら観光案内に用事だと思われたが、博物館のチケットを購入。

オバちゃん曰く「前にココにジュディが有ったけど、今は本館に有るよ」って。

ジ:ジュディって何?

ご:彗星艦爆に米軍が付けたコードネームの事。

  つまり前に展示してた彗星艦爆はチノに行ったって事。


ジ:ガッカリだな。

ご:まぁチノならそのうち見れるから別に良いわ。

とりあえずそこそこ興味有る展示物は
RB-26Cインベーダー
Bf109 G-10/U-4
F3F-2の副座型(G32A)
アツタエンジンの残骸

こんなところ。

他に99式艦爆もどきとか桜花も有ったらしいが見当たらず。

適当に撮ってまわった後に館外のF-11タイガーを撮影。
ジ:なんか、かなり適当だな。

ご:我ながら適当だなと思う。

割と早く撤収してラスベガスへ向かう。

約30分ほど南へ走ってウィリアムズで給油してI-40を西へ。

1時間半ほど走ったキングマンでI-40から降りて最寄のIn'n Outへ。
食後は夕暮れから暗くなりつつある中をUS-93を北西へと走る。
ジ:この道も暗くなってからしか走ってない様な。

ご:確かに夕方〜夜しか走ってないな。

割と早めに出発したので珍しくそれほど遅くならない内にラスベガスに到着。

が、連日の強行軍で疲れたのでホテルにチェックインしてスグに就寝。

あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らないの10へ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ