『ご隠居デンジャラスツアー?回目(仮称)』
「あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らない」の6

グランドキャニオンとモニュメントバレー他いろいろ
  ミュリーポイントの奥で撮影後、それ以上は進んでも行き止まりなので引き返す。

帰りも雪だらけの道を苦戦しつつモキ・ダグウェイまで戻り道路脇に駐車。

少し歩いて眼下の風景を撮影。
車に戻り下側から登ってくる対向車が見えないことを確認して下山開始。
運良く対向車も来なかったので難なく下れた。

ジ:この後はモニュメントバレーに戻るのか?

ご:行きに見つけたメキシカンハットへ接近する道に行ってみる。

って訳で15分程度モニュメントバレー方向へ戻り、途中の非舗装路へ。

途中から轍だらけでどれが正規の道か判らなくなったが適当に接近し停車。
なお、ここは下手に進むとスタックする羽目になりかねないので要注意。

ジ:まさかスタックしかけたとか?

ご:この時は大丈夫だった。

ジ:この時は?

ご:次(2016年)来た時にスタックしかけた。

接近してメキシカンハットを撮影出来たので引き返して元の道へ。

夕方で逆光になるのでフォレストガンプポイントはスルーしてモニュメントバレーへ。

そのまま夕方のバレードライブと洒落込む。
毎度のごとくゴトゴトガタガタと揺れながら進む。

なお、このデコボコ道を走るのはこの旅が最後となった。

ジ:最後って道が閉鎖されたの?

ご:2016年に行ったら整備されてかなりマシになってた。

ジ:舗装されたのか?

ご:いや非舗装路のままだけど割と平らに整備されてた。

  
あれだったら出入り口の坂さえ運転出来たら普通車でもなんとかなる。

  
まぁ下手糞でなきゃ今まででも運転出来たけど。

揺れながら運転してジョンフォードポイントへ。

日が暮れて日陰が多くなったジョンフォードポイントを撮影。
急激に暗くなる中を運転してバレーを回る。

奥のアーティストポイントに到着した時には残照が僅かになってた。
車のライトを頼りに真っ暗な道を進んでジョンフォードポイント入り口へ戻ってきた。

ご:一周回って元の位置〜っ。

ジ:なにそれ?

ご:嘆きのボイン。

ジ:エラい懐かしいネタやね。

で、バレードライブを出入り口へと向かって運転。

他の車が皆無だったので最後の坂を楽々と登ってゴール。

そのまんま運転し続けてカイエンタのバーガーキングへ。
食後、またモニュメントバレーに戻りビジターセンター前に駐車。

三脚を立てて夜景を撮影。

撮影後は部屋に戻ってバッテリーを充電しつつ就寝。

ジ:長い一日が終わったな。

で、深夜2時に起床。

ジ:え、まだ続くのか?

ご:朝まで寝てたら夜景が撮れん。

ジ:いや、さっき撮ったやん。

ご:あんなの序の口だ。

って訳で夜景撮影二発ほど。

あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らないの7へ

あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らないの5へ


お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ