『ご隠居デンジャラスツアー?回目(仮称)』
「あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らない」の4

グランドキャニオンとモニュメントバレー他いろいろ
 車を停めてさっき買ったメシを食べる。

食べながら外を見てたらグランドキャニオン方面へ走っていく車がそこそこいる。

ジ:リトルコロラド(グランドキャニオン手前のビューポイント)でも見に行くのかな?

ご:それか通行止めが解除されてるとか?

  
どっちにしろマーザーポイント見たからグランドキャニオンはパスしてPage方面へ行くわ。

って訳でメシを済ませた後は北上再開。

少しするとキャメロン交易所とモニュメントバレー方面への分岐路が有るが通過。

Pageへの道中は稀にガソリンスタンドと併設のコンビニが有る程度で無人の荒野ばかり。

あと岩山と。

岩山その1

岩山その2
Pageの少し前に結構な登り坂が有り、途中に簡易駐車場件土産物屋っぽい所が有った。

時間が微妙だったのでスルーしてPageへ向かう。

更に少し進むとホースシューベンドの入り口が有った・・・これまた少し悩んだがスルー。

更にPageの直前にグレンキャニオンダムが有ったがこれもスルー。

ジ:スルーしまくってるけど何か急ぐ用事が有るのか?

ご:この先のアンテロープキャニオンに出来るだけ早く着きたいなと。

  
それにナビにアンテロープキャニオンの登録が見当たらないから、

  
見つからず近辺を探さなきゃ駄目なのでは?って考えてた。

  
事前情報では発電所のスグ手前って聞いてるが、発電所が判り易いかどうか知らんし。

とりあえず発電所はPageの町を抜けてモニュメントバレー方面へ行った所らしいので、

町を通過してその通りに運転・・・町通過直後に発電所が見えた。

Pageの町過ぎた所に有る発電所
ジ:これは余程のアホでも見落とさないな。

ご:Pageの手前でモクモクと煙が上がってるのが見えたから火山でも有るのかと思ったが、

  まさかランドマークにしてた発電所の煙とはなあ。

発電所に近付くと手前に『左にロウアーアンテロープキャニオン』って案内が出てたので左折。

つづら折れの坂(と言っても大層な坂ではない)を下って駐車場と言うか荒地に駐車。

小屋で受付をしていたので入場料を払って受付を済ませた。

真ん中のデブい人が案内人
どうも初回の人は係りの人が何人かまとめて案内するので人数が揃うまで待ってとの事。

待ってる間に日本人のツアコンがやって来てグループを引き連れて行った。

ツアコンの人は受付の兄ちゃんと面識が有ったみたい。

10分ぐらい待ってたら数人集まったので出発。

小屋から100m程度の所にロウアーアンテロープキャニオンの入り口が有った。

ロウアーアンテロープキャニオンの入り口
ジ:入り口と言うか裂け目って感じだな。

ご:狭いので一人ずつしか入れんのだが、ご隠居の前の白人カップルが

  
モデルのツモリか?ってぐらい時間掛けて撮影するもんだからなかなか入れなかった。

ジ:置いていかれて大丈夫なの?

ご:キャニオンに入ると一本道だから問題無い。

  
案内聞きたきゃついて行く必要有るが、生憎と何言ってるんだか解らん。

ジ:英語が解らなきゃ聞いても意味無いわな。

入ると中には階段で下りる様になってた。

何箇所か下り階段有り
両側の壁は堅いが足元は砂地になってる。

よほどのデブ以外は通れるが所々足元が狭くなってる箇所も有る。

足場が靴幅ぐらいしか無い箇所も有る
ジ:足元以外は狭くなってないのか?

ご:胴体が通り難い様な箇所は無かったな。

  
風や水が通り抜けて出来た谷だから真ん中は広く削れたんじゃないかな?

ジ:風はともかく水が通り抜けて出来たってどう言う事?

ご:鉄砲水とかで水が流れて削れて出来たって事。

ジ:鉄砲水って・・・まぁ天気良いみたいだから大丈夫なんだろうけど。

ご:雨が降ったからって鉄砲水になる訳でもないらしい。

  
むしろ遠く離れた所に雨が降ってそれが地下水か何かで流れ込むそうだ。

  
1997年に被害者が出たそうだが、その日近辺ではほぼ降雨してなかったとか。

ジ:おいおいそれじゃ危ないかどうか解らんやん。

ご:
その為に案内人が居る&危なそうだったら入り口で入場規制するらしい。

ジ:あぁなるほど。

距離はそれ程長くないが足元が悪い上に写真撮るので結構時間が掛かった。


中はこんな感じだったり
写真撮る→移動→写真撮る→階段下りる→写真撮るを延々と繰り返して、

大よそ40分ほどで出口側の階段に到着。

出口の上り階段
階段を上がって上からキャニオンを見るとこんな感じ。

ジ:まさかこの真下があんな谷になってるとはなあ。

ご:↑の画像に写ってる煙は発電所の煙ね。

  なので、帰りはそっちに向かって歩く。

  出口から入り口まで10分も掛からず到着。


ちなみにアンテロープキャニオンにはこの日来たロウアーとアッパーの二箇所有る。

アッパーの方が有名な上にお手軽らしいが見所は少ないらしい。

駐車場へ戻って出発。

ジ:次はスルーしたグレンキャニオンダムとホースシューベンド?

ご:いや、時間が微妙だからモニュメントバレーに急ぐ事にした。

ジ:え?行かないの?

:飛ばしたら夕焼けに間に合うかなと。

ジ:あぁなるほど。

って訳で発電所の横を通り抜けてモニュメントバレーへと向かう。

道路脇にはガソリンスタンドどころか民家も見当たらない。

発電所近辺まではアンテロープキャニオンが有るからかそれなりに車を見たが、

発電所を通過して以降は対向車を含めてもあまり車が見当たらない。

全く見ないって訳でもないのだが。

道は荒野だったり長い下り坂だったりしたが路面の凍結は無かったので快調に飛ばす。


こんな感じで風景が変わる
約1時間ほど運転していると踏切が有り、その直後に見覚えの有る道に合流。

確かここはTubacity〜カイエンタの真ん中ら辺。

ご:確か前回の旅行記(ネリス2011)で貨物列車撮影した近辺の筈。

  けど、
ここの時点でモニュメントバレーに急いだのは失敗した気が。

ジ:なんで?

ご:天気が微妙ってか雲が矢鱈と多い。

ジ:アンテロープキャニオン近辺は天気良かったのになあ。

ご:まぁいまさら引き返すのも・・・なのでそのままモニュメントバレーに向かう。

もうしばらく進んだらカイエンタ
約30分でカイエンタ到着・・・やっぱ天気は駄目。

なので、急いでモニュメントバレーに行っても仕方がない。

カイエンタで給油&コンビニで買い物をした後にバーガーキングにて晩飯を食った。

ジ:こんな所にバーガーキングが有るのか!

ご:こんな所だがマクドナルドも有るぞ!

晩飯食って腹が膨れたのでモニュメントバレーへ。

暗くなったので無人のゲートを通過して駐車場の空いてる所に停めてThe View Hotelへ。

チェックインの手続きをして部屋へ荷物を運んで充電をセット。

もう暗くなってるがビジターセンター前で長時間露光撮影。

長時間露光なので明るい様に見えるが実際は真っ暗
ジ:こんな所でも雪が積もるんだな。

ご:いや、赤いから暑そうに見えるかも知れんが寒いぞ。

  
単に岩と地面が赤いだけで標高約1700mの高地だから。

ジ:ひょっとしてかなり寒い?

ご:冬はかなり寒くて夏は暑い。

お約束の写真を撮ったので、ベランダから長時間露光撮影しながらベッドで寝た。
(バルブモードにしてリモコン押して寝て、しばらくして起きてリモコン押して撮影終了って感じ)

・・・撮る度に視界不良になってやんの。



最終的にホワイトアウト

あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らないの5へ

あの日見た壺の名前を僕達はまだ知らないの3へ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ