『ご隠居デンジャラスツアー?回目(仮称)』
「続モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶ」の14

ネリスエアショーやらグランドキャニオンやらモニュメントバレーやら
 陣取って航空ショーの開始を待ってたら滑走路上をB−1が南側へ動き出した。
滑走路の南端でUターンして停止、そしてエンジンを吹かしてじわじわと動き出した。

・・・がロクに速度が上がらん。

そのまま普通に地上を移動して会場向かいの駐機場へと向かった。
ジ:なんじゃそりゃ?

ご:物凄く意表衝かれたわ。

で、しばらく停止した後にまた滑走路南端へ移動。

と思ったら、速度を上げて飛んで行った。
その次はB-25ミッチェルと零戦と練習機などが飛んで行った。



これらの飛行展示が始まるのかと思ったが、その前にいつ飛んで行ったのか解らんが

輸送機から空挺降下が行われた・・・星条旗を広げながら。
ジ:どうせアメリカ国歌を流しながらだろ。

ご:当然、観客一同は俗に言うUSA!USA!状態だ。

ジ:多分、これがショーのオープニングなんだろうな。

(アメリカ人の)愛国心を高揚させた後はさっきのB-25と零戦が乱舞。
最終的に零戦はスモークを焚きながら飛んでた。
ジ:やっぱ憎き敵機だからねえ。

ご:幾らなんでも練習機にやられる事は無いんだがなあ。

お次はマーチ空軍基地所属らしいC-17 グローブマスターIIIが飛んだ。
かと思ったら、B-1が北側から着陸した。
ジ:あれ?B-1って飛行展示したの?

ご:何回かフライパスしてたが他の機体に気を取られてる時だから撮れず。

  
他の機体が南側から着陸寸前でそっちに目を取られてたら北から通過とか。

  スケジュールが日本の航空祭に比べ過密だからそう言うのが多々有る。


ジ:仕方が無いんだろうけどもう少しなんとかならんかなあ。

更にL-39アルバトロスが5機離陸。

パトリオッツ ジェットチームって民間のアクロチームらしい。

演目は色々有ったがカラフルなスモークが目立ってた。
その後、アグレッサー部隊のF-16Cが飛んでからT-33A練習機が飛んだ。

ジ:T-33Aは博物館では珍しい機体じゃないよなあ。

  
海外のどこにでも展示されてるし日本国内でも有るしなあ。

ご:けど、流石に飛んでるのは初めて見たわ。

  昔は自衛隊でも飛ばしてたけどとうの昔に退役したしなあ。



お次は前年は二機飛んだA-1スカイレーダーが単機で飛行したり
F-86セイバーとMiG-15が並んで飛行したり
F-15Eストライクイーグルが飛んだり、MH-60ブラックホークが飛んだり

ジ:MH-60ブラックホークの機首から突き出た棒みたいなのは何なの?

ご:敵機を突いて落とす為の武器。

ジ:竹やりかよ!

ご:嘘々、空中給油用のプローブ。

  
特殊作戦機だから空中給油して航続距離を伸ばせる様にって事だろ。

更にはF-4ファントム2が飛行。
ご:アメリカ人には一部は標的機とかで飛んでるとは言え懐かしの機体なんだが、

  
日本だとまだ現役戦闘機で珍しくない機体なんだよなあ。

ジ:逆に現役のF-4をアメリカから見に来る人が居るらしいな。

F-4と同時にA-10も展示飛行。
ジ:あんまり格好良い機体じゃないけど、運動性は良いよね。

ご:鈍足だけど主に戦車相手に対地攻撃する以上は運動性が良くないとなあ。

で、F-4とA-10とF-86が並んでヘリテージフライト。
ジ:前年のヘリテージフライトと全然機体が違うな。

ご:毎年ヘリテージフライトの機体は違う。

  現役機以外も飛ばすから調達出来る機体に差が有るから。

  
この年はF-22が事故で飛行停止になってたから余計に。

ジ:よりによってF-22が飛ばないって運が悪いなあ。

ご:けどその後の航空ショーを一切中止って年に比べりゃ遥かにマシだが。

ジ:あぁ確か在日米軍の岩国フレンドシップデーとかまで中止になってたな。

  あれ、なんでだ?


ご:アメリカが財政難だからオバマが鶴の一声で中止した。

  オバマは必要な時には決断せず逃げるのにそう言うのだけは決断早い。

続モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶの15へ

続モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶの13へ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ