『ご隠居デンジャラスツアー?回目(仮称)』
「モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶ」の6

ネリスエアショーやらグランドキャニオンやらモニュメントバレーやら
 ゲートを出てからは下り道ばっかりが続く。

道は道路脇にあるビューポイント(土産物屋付き)駐車場への道を除けば一本道。

ビューポイントはリトルコロラドと言うグランドキャニオンのスケールダウン版が見れたりするのだが、

モニュメントバレーまではまだまだ距離が有る上に土産物屋併設なので通過する事にした。

で、グランドキャニオンのゲートを出て20分ぐらい走るとT字路に到達。

左折して15分ほど運転して次はT字路を右折。

道なりに従って走ってTuba Cityに到着・・・これがシティ?って規模にしか見えない。

シティじゃなくビレッジじゃないのか・・・百歩譲ってタウンって感じ。

これでシティなら奈良の田舎町でも都会と言えそうである。

ただし、ガソリンスタンドが道沿いに固まって数件、ファーストフードと言った最低限の店は有り、

この先にこう言う店が多いとも思えなかったので、給油&メシを購入する事にした。

ガソリンの値段はモニュメントバレーに近付く程高くなると聞いてた割にそれほど高くはなかった。

ってか、昨晩のI-40に合流する前のガソリンスタンドの方が高かった。

ガソリンを満タンにした後にガソリンスタンド隣のサブウェイにてサブウェイクラブを購入。

今食べると腹が膨れて眠さが倍増しそうなのでテイクアウトにした。

昼食買ったし、またモニュメントバレーへのドライブを再開。

Tuba City通過後はロクに何も無い・・・延々と運転を続けるが何も無い。

運転していて無茶苦茶退屈。

睡魔と戦いつつ運転を続けたが、物凄く眠くなってきた時にガソリンスタンドを発見したので駐車。

併設のコンビニ店内へ入りトイレで顔を洗って眠気を覚ましてから飲み物を購入。

少しサッパリしたので車に戻って運転を再開。

更に延々と運転し、グランドキャニオンから約2時間半ぐらいでカイエンタの町に到着。

カイエンタはデカい町ではない・・・面積的にはデカそうだが、店とか家屋の件数の意味ではかなり小さい。

カイエンタに比べたらTuba Cityの方がまだ大きい。

こっちにはバーガーキングとマクドナルド、ガソリンスタンド等の店屋は有る様だが。

町中心の交差点で左折してすぐにカイエンタの町を出て荒野へ。

少し運転したらモニュメントバレーっぽい風景が見えてきた。

折角なので路肩に車を停めて撮影。
なお、ここら辺は景色が良いので写真を撮ってる人はちょくちょく居るのだけど、

何も無いところなので車が猛スピードで通過する事があるので要注意。

また、路肩にバーストしたタイヤが転がってるのが・・・こんなトコでバーストしたらどうすんだよ。

撮影後、運転を再開。

モニュメントバレーが近いのは風景を見れば一目瞭然。

なので、眠気も完全に吹き飛んで快調に。

しばらく運転すると十字路が在り、ナビの指示に従い右折。

道なりに進んでモニュメントバレーに到着。

駐車場入り口で入場料金5ドルを払って駐車。

軽く撮影した後にまずは本日の宿泊先へチェックインする事にした。
ジョニー君(以下、ジ):え?こんなとこに宿が在るのか?

ご隠居(以下、ご):この駐車場はビジターセンターと本日の宿のThe View Hotel兼用の駐車場だ。

           
つまり↑の画像撮った背後にビジターセンターとホテルが建ってる。

ジ:こんなところにホテル建てるか普通?

ご:環境破壊だと地元民の反対もあったらしい。

  けど、出来るだけ周囲から浮かない様な外観にする事を条件で2008年に建てられた。


バレードライブ中に撮影したThe View Hote
ジ:随分と新しいホテルなんだな。

ご:で、このホテルが建ったお陰で雇用が確保されて失業率の改善になったとか。

  建つ前は失業率49%なんてトンでもない失業率だったらしい。


ジ:まぁこの辺はどうみても雇用出来そうな産業とは縁が無さそうだしな。

  けど、このホテル出来るまでってここ来る人は何処に泊まってたんだ?

  この近辺に他に宿泊施設は在るの?

ご:このホテルが建つ前はさっきの十字路を逆に行った先にある宿しかなかった。

  グルーディングスロッジと言ってジョン・フォードが撮影の為に滞在した事で有名なんだが。

  そこが満室だとカイエンタまで戻るか進んでメキシカンハットの町まで行かなきゃ駄目だったらしい。

ジ:宿泊の選択肢が少ないな。

ご:まぁ交通の便が悪いからグランドキャニオンみたいに観光客がどっと押し寄せる事は無いからな。

ジ:グランドキャニオンも交通の便は悪いだろ。

ご:いや、こっちはもっと圧倒的に悪い。

  ツアー以外はレンタカーしか手段無いし、大都市からの距離も・・・だし。

  とどめに一番近いアメリカ国内線の飛行機が来る空港は多分フラグスタッフ。

  ひょっとしたらペイジの方が近いかも知れんけど距離は大差無いと思う。


ジ:フラグスタッフってグランドキャニオン近辺だろ。

ご:うん・・・だから飛行機?なにそれ?ってレベル。

  けど、そんな不便なところでも観光客はそれなりに来る。

  で、宿泊可能な宿が少ないもんだから早めに予約しないと満室で難儀する事請け合いである。

  間違っても予約しないで行って空き室に期待なんてしちゃイカン。


ジ:行きました→空き部屋が有りませんってなっても他に泊まれる所が無いからなぁ。

  で、行った時は混んでたの?


ご:客はそこそこ多かったけど繁忙期じゃないと思う。

  が、空き部屋が有ったかどうかは怪しい。


ジ:どのシーズンに混むの?

ご:多分、春から夏か秋の初めだと思う。

  
11月半ばで寒かったから、冬はかなり客が少ないと思われる。

  ってか、
見た目の割に寒いんだよココ。

ジ:あ〜、赤っぽい荒野だから暖かく見えるよね。

ご:いや、そんな事無く寒い。

  しかも、
風を遮る様なところが無いから風がもろに直撃だし。

なお、余談だがこの時(2010年)はエクスペディアで予約したのだが、

2011年に予約しようとしたら3ヶ月前にも関わらず空き部屋無しと検索された。

念の為に
The View Hotelの公式ページで調べると空き部屋が有り予約出来た。

ひょっとすると公式ページからでないと予約出来ない様になったのかも?

予約サイトを使ってたら仲介手数料を取られるけど、それを自分でやったらその分は儲けになるし、

何より対抗するホテルが多数有るなら、客の呼び込みも必死になるけど、

ここは対抗馬が殆ど無いから、自分から呼び込まなくても客は来てくれるし。


とりあえずチェックインする事にして受付へ。

受付で予約番号を告げたら何か料金追加が有るらしくクレジットカードを出してと言われたので渡した。

・・・が、一瞥して他のカード無いかと言われた。

どうやらJ○Bカードは駄目らしい。(エクスペディアの予約時は使えた)

やっぱJ○B使えねぇ。

が、かと言って他のカードは持ってない。

受付のネェちゃんに仕方が無いから現金50ドル有る?と言われたので現金で支払い。

部屋で荷物を降ろしてバッテリーの充電開始。

なお、部屋のベランダから見る景色はこんなの。
ジ:絶景だな。

ご:昔から値段はただ取らんって言うけど、その言葉を実感したわ。

時間が無いので即効で車に戻ってドライブ開始。

ジ:時間が無いって何で?それに何処行くの?

ご:11月だからチンタラしてたら日が暮れる。

  だから、早速バレードライブ開始(↓の写真の道をドライブ)

ジ:緑色の矢印が道だよね・・・赤丸は何?

ご:車種は判らんけど、車が写ってる。

  更に赤丸の上側に何台か他の車も写ってる。


ジ:小さ過ぎて見えないんだけど。

ご:撮影場所(ビジターセンター前)と道と高低差が結構あるからな。

そういう訳で、駐車場を出発してしばらくすると物凄い下り坂になっている。

四駆なら問題は無いが、パワーの無い車だと少々厳しいと思う。

・・・と思ったが訂正、2011年に試してみたが普通車でも十分登れる。

ただし、前方にビビッてチンタラ運転する馬鹿が居なければ。

ジ:ひょっとしてそれでSUVを借りたのか?

ご:当たり。

  晴れていて路面が乾いてさえすれば普通車でも行けない事も無いらしいのだが、

  運転に自信が無いから確実なSUVを借りた。

  第一、路面が乾いてさえすればって事は
雨降ってたら普通車では無理って事だろうし。

  なお、バレードライブは非舗装の道だから、レンタカーの保険が適用されないから要注意。

  ビジターセンターでツアー募集してるから普通車で来て、ツアーで回る手も有るが。


ジ:なんでそうしなかったの?

ご:好きに見て回れないのと、ツアーの車に因っては砂埃まみれになる事が有るらしいから。

  一眼レフ持ってて砂埃喰らったら堪ったもんじゃない。


ジ:なるほど。

急な下り坂を下ってバレーをゆっくりと運転。

道がデコボコなのでスピードを出すと揺れるわ下手すりゃタイヤがバーストしかねん。

偶に他の車が近辺を通ると強烈な砂埃が舞うから、コンタクトはしない方が良さそう。

あとカメラも気を付けた方が良い・・・砂入ったら洒落にならん。

所々車を停めて撮影。


途中トラブルが有った様な気がするがバレー内を一周してなんとか無事に駐車場へ。

ジ:今、サラッと言ったトラブルって何だよ?

ご:一つ目はジョンフォードポイント寄るの忘れた。

ジ:おいおい・・・

ご:多分、途中に道が少しゴチャゴチャしてる所が有ったからそこだと思う。

  仕方が無いから明日再チャレンジだ。


ジ:一つ目はって事は少なくともあと1個は有るんだろ?

ご:もう一つ有るけど、それは内緒。

ジ:なんだそりゃ。

日が暮れてきたので、ビジターセンター前で赤く染まるビュートを撮影。
日没後は一旦部屋に戻ってベランダに三脚置いて長時間露光。
地上を光ってる線はどうやら撮影中に走ってた車が有ったからみたい。

偶にクソ寒い中をインフォメーションセンター前まで行って長時間露光撮影。
なお、夜中に犬が吠えたりうろついたりしてるが、特に人間に危害を加える様子は無いみたい。

ただ、偶に変な所で犬が寝てたりするので出歩く際は要注意。

「モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶ」の5

「モニュメントバレーの中心であれは良い物だと叫ぶ」の7

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ