『脚立でGo!海外編 アメリカ南部旅行の巻』
ご隠居デンジャラスツアー・・・もう何回目か解らん

東海岸→南部の10
 流石に前日は長距離ドライブで疲れてたので、少し遅い朝8時に起床。

服を着て外に出ようとしたがドアと格闘する羽目になった。

ジ:ドア壊れてたのか?

ご:ドア自体は壊れてなかったが、内鍵が矢鱈と固かった。

  
窓から出なきゃならんかも?と考えたぐらいだ。

なんとか根性でドアを開けて歩いて道向かいのサブウェイへ。

ジ:サブウェイって注文の時に矢鱈訊かれるけど、ちゃんと注文出来たのか?

ご:んなもん適当に決まってるだろ。

ジ:・・・やっぱり。

ご:けど、日本と訊かれる順番一緒だから、適当でもなんとかなると思う。

  最悪でもケース越しで野菜とか見えるから指差してどうこう言えば良いだけ。

  ちなみに日本と違ってFootLongがかなり得。


ジ:日本だったら単純に値段が倍になるから全くお得さが無いよな。

ご:けど、アメリカだと1ドル程度しか差が無い。

  サイズが倍になって値段差が1ドルだったらかなり得だろ。


ジ:けど、デカいから食えたらの話だけどな。

ご:それと日本ではホットペッパーとなっているが、アメリカではハラペーニョと言うそうだ。

サブウェイクラブ(トマト抜き)を買って、隣のコンビニでポテチと運転中用のDrペッパーを購入。

モーテルから戻ってからはサブウェイクラブ+ポテチ+コーヒーで朝食。

で、出発前にコンタクトを付ける事にした。

メガネを外してコンタクトを入れて・・・

・・・目が凄ぇ痛い。

ジ:コンタクトレンズが割れたのか?

ご:手を洗ったけどホットペッパーの汁が少し残ってたみたい。

  で、
その指を目ん玉に突っ込んだもんだから無茶苦茶痛い。

ジ:・・・馬っ鹿でぇ。

しばらくして痛みが引いてから荷物を車に載せてチェックアウト。

ナビで目的地を検索・・・目的地が見つからん。

ジ:次の目的地ってどこよ?

  
カーナビに登録されてないって事はよほどショボい所か?

ご:次の目的地はアメリカ海軍航空博物館。

  メジャーとは言えんがショボい博物館ではない。

  検索条件を変えたり基地の敷地に在るから基地自体を調べても見つからんかった。


ジ:その基地移転してるんじゃないだろうな?

ご:海軍航空隊のベース+ブルーエンジェルズの本拠地が移転したら

  雑誌が取り上げるとかなんらかの情報が聞こえてくるだろうから移転はないと思う。


基地はペンサコラに在るので、とりあえずペンサコラのシティセンターを目的地に登録し出発。

・・・ハイウェイを走り出してスグにさっき買ったDrペッパーを部屋に忘れた事に気付いた。

ジ:あ〜ぁ、取りに戻るの?

ご:たかが飲み物如きでハイウェイ戻るの面倒だし、ガソリン代と時間の方が勿体無い。

  どうせDrペッパーぐらいアメリカならどこでも売ってるし。


って訳でしばらくハイウェイを走っているとレストエリアが在ったので駐車してDrペッパー購入。

昨日の晩は遅くて真っ暗だったので解らなかったが、現在地はエバーグリーン近郊。

かなり頑張って距離稼いでいた事になる。

途中からナビがハイウェイを降りる様に指示。

近辺には都市どころか町もロクにないらしく、人家があまり見あたらない。

信号もほとんど無いところを延々と南下。

道は矢鱈と上り坂に下り坂、左右にカーブしたりしてたが、何事も無く走り続けた。
 
で、そのままペンサコラ市街へ到達。

流石にペンサコラは大きな街なので車も多けりゃ建物も多い。

なんとかナビの指示通り走って目的地到着・・・

ジ:で、シティセンターってのは?

ご:どう見ても住宅街のど真ん中でそれっぽい建物は無い。

  多分、街のど真ん中って意味じゃないかと。


ジ:別に街のど真ん中に用事ある訳じゃないよな。

仕方が無いのでビジターセンターに行く事にした。

距離もそれほど無く、あっさりと到着。

が、今度は逆にそれっぽい建物が多くてどれがビジターセンターだか解らん。

ジ:どうするんだよ。

  目的地に着き様が無いだろ。


ご:・・・前回の記憶を辿ってみた。

  確かバスディーポの前の大通りを道なりに行ったら基地に着いた。


ジ:って事はナビでバスディーポ行ったらそこから行けるんじゃない?

ご:デイトンみたいにバスディーポが移転してなきゃな。

ジ:その可能性もが有るんだったな。

って訳でバスディーポを目指して車を走らせた。

途中道を間違えたが、その結果見覚えがある道を横断。

適当な駐車場で車を停めてナビで道の先を確認・・・道の先は基地らしい。

多分、この道が正解っぽい。

車をUターンさせて戻り、その道を進むと橋が現れた。

ここは完全に前回来た覚えがある。前回来た時はタクシーでだったが。

橋を渡りきると遊園地の入り口の様なゲートが有り、右端にてIDチェックが行われていた。

アバディーンほど厳しくはなく、パスポート見せて「博物館行く」と言ったら、

あっさり通行許可が出た・・・特に入場許可証の様なものは無し。

基地に入って案内標識に従い車を走らせて、しばらくして航空博物館前に到着。

駐車場の空きを探して停め(結構来館者が多い)て博物館内へ。

ジ:入館料は?

ご:空軍博物館やパットン博物館と同じくここもタダ。

博物館内は前回とほぼ同じ。

前回と変更点は

1.零戦21型がボロボロだったが、少し修復してた。
 
2.F2Aバッファローがフィンランドに貸し出し中。

あと、建物は以前のままなのだが、背後で大規模な工事をしていたので増築か新設するのかも。

この博物館は名前の通りアメリカ海軍の航空機を多数展示しているのだが、

アメリカ空軍博物館に比べると博物館の面積が5分の1程度でしかない。

つまり現状だと狭い建物に多数機体を並べているのでかなり狭苦しく、

機体によってはかなり撮影角度が限定されてしまう。

展示スペースが広くなってもう少し機体の間隔が空くと撮影し易くて有り難い。

特にジェット機の展示スペースは機体自体が大きいから余計にゴチャゴチャしている。

現状でも最低限は離れてるし機体周辺にロープが無いからかなり良い方ではあるのだが。

プロペラ機展示スペース

ジェット機展示スペース
撮影して回ってからミュージアムショップに行って買い物。

レジに行って支払おうとしたらレジの姉ちゃんが「ドネイションが云々」と言ってきた。

ドネイションって寄付の事だっけとか考えてたら、「日本の方ですか?」と訊いてきた。

なんかアジア系(日系)っぽいなとは思ってたが、日本人(旦那がアメリカ人)だそうだ。

NYとかハワイとか日本人が行きそうなトコなら兎も角、フロリダ州の付け根のペンサコラ。

しかも、海軍航空博物館なんてドマイナーな所で日本人と会うとは思わんかった。

同じフロリダ州でもマイアミとかだったらメジャーだから日本人居ても不思議じゃないが。

入館料が只だったのでお釣りを寄付して入館料代わりにしとく事にした。
『脚立でGo!海外編 アメリカ南部旅行の巻』第九話

『脚立でGo!海外編 アメリカ南部旅行の巻』第十一話

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ