ご隠居新大陸徘徊記(仮称)
ご隠居デンジャラスツアー11(多分)

ニューヨーク徘徊編2
 帰りは現在地と方角を把握してるので、すぐに地下鉄の駅を発見し乗り込む。

ところが乗ったのが『Express(急行)』ってのに気付かず乗り越したので引き返す。
(『Express(急行)』ってのは大体二駅間隔で停車するみたい)

で、降りたところは『ポートオーソリティ バスターミナル』駅。

別にバスターミナル自体には用事は無いんだが、この近辺にアメリカらしい店を発見してたのである。

その名も『YOSHINOYA』

日本では食べれない牛丼をニューヨークなら食す事が出来るので有る!

ただし、BSE対策をロクにしてないから食べれるって事だから、最悪はヤコブ病発症ね。

店内の様子はマクドに似てて、トレーで受け取るって形式。

ってか、店内はマクドそのもので出てくるのが牛丼って感じで、日本の吉牛とは全く違う。

メニューはビーフボウル(牛丼ね)とテリヤキチキンボウル(そのまま)とベジタブルボウルとコンボボウル(牛と鳥)。

テリヤキチキンボウルってのには照り焼きチキンとブロッコリやらカリフラワーやらニンジンが盛られてる。

ご隠居はカリフラワーもブロッコリも嫌いなんで、間違っても喰えないシロモノだ。
ここでも店員は黒人のオバちゃんで、やはり愛想もヘッタクレも無い。

しかも、客が軍隊の如くレジに並び注文を申告してゆく・・・

客よりも店員の黒人のオバちゃんの方が権限が有る様で、


冗談で『スマイル プリーズ』なんて言った日には、鉄拳制裁されそうである。

恐怖心を克服し『びいふぼーる らあじ & みそ すーぷ ぷりいず』と申告し、注文のブツを受け取る。

アメリカだと割り箸を使えん人間が多いだろうから、割り箸とフォークが付いてきた。

テキトーに空いてる席を探し陣取る。

当然だがご隠居は日本男児であるので割り箸を使用。

ラージは吉牛のお持ち帰りの箱を横長にした形状である。(ミドルは頼んだ事無いから知らん)

いざオープン!・・・って玉ねぎほとんど煮えてないやん・・・ってか生?

まぁ日本なんざ完全に生(しかも入れた直後)で出しやがる時が有るからな。

しかも、そう言う時に限って肉がほとんど入ってなくて、玉ねぎテンコ盛りだったりする。

あれは嫌がらせか?って思うな。

しかし、ラージって無茶苦茶デカくて、食べてもなかなか減らんのだけど・・・

ご隠居は偶に並二杯とか食べる事が有る(当然値引きの日に)けど、ここまで苦戦した事は無い。

実際にアメリカの方が多いんじゃないかな?ターゲットがアメリカ人だし
有る程度口に放り込み、余裕が出てから周りを見るとアジア系の客が多いみたい。

まぁ安い割に(ラージで5.29ドル)腹膨れるからだろうな。

ファーストフード以外だと10ドルは最低でも必要だしな。

しかもニューヨーククラスの大都市になると、他の都市と違って値段が高い高い。

同じチェーン店なのに値段が10ドル近く違う場合が有る。(マクドでも割り増しになってる)

恐らく税率の違いも影響してるんだろうけど


腹パンパンになって、もう食えんって状態になったのでユースに帰った。

横になりながらバッテリーの充電と明日の予定を考えてたら、睡魔に襲われ爆睡。


これにて一日目終了。って、まだ一日目かい!

次はアバディーン編1へ
『儂は舞い降りた』ご隠居新大陸徘徊記(仮称)メニュー

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ