ご隠居新大陸徘徊記(仮称)
ご隠居デンジャラスツアー11(多分)

飛行編
 チケットとパスポートの確認後、少し待つと搭乗ゲートが開いた。

早速、乗り込んで後方へ向かう・・・一番後ろに行っても座席番号が無い。

スチュワーデスさんに聞くと『お二階』との事。

しかも2階に行く階段は前方にしかないそうだ。

勿論、他の乗客が乗ってくるから前には戻れん。

仕方ないから乗客の大半が座るまで待って、『ビスタカーじゃ有るまいし』とボヤきながら前方に戻った。

階段で二階に上って番号を確認・・・ご隠居の席は前から二列目だそうだ。

って事は座席と正反対に行ってたって事だな。

鎮座して離陸を待つ。

離陸して暫くすると手元のコントローラーが使える様になったんで早速ソリティアの鬼と化す事にした。

が、ソリティアが入ってない。

替わりに『テトリス』『インベーダーゲーム』その他が入ってった。

って21世紀にもなってインベーダーゲームってなんやねん!

余りになんだからテトリスをプレイする事にした。

が、物凄く反応が鈍い。

例えば一コマ動かしたい時、方向キーを押す・・・が動かん。

仕方ないからもう一度押す・・・すると一度に二コマ動く。

これは反応が遅いからだと思って、次は一度しか押さずにいたら今度は動かないまま。
(勿論、回転も遅い)

思い通りに動かんから、スグにゲームオーバーになる。

しかもテトリス(4列消し)かましても一列ずつしか消えない。(一列ずつ4回消える)

こんなにイラツいたテトリスは始めてである。

あまりにイラついたのでラジオを聴く事にした。

が、付けて耳に入ってきたのが『精霊流し』

なんで、こんな盆と仏滅と天中殺が同時に来た様な歌を聴かされよなアカンねん!
(さだまさしの歌の大半辛気臭いから大嫌い・・・ってか呪いを聞かされてるみたい)

これを聴く位なら『シャアが来る』(無茶苦茶イタい歌)を聴く方が遥かにマシである。

それから色々してたらメシを運んできた。

『洋食と和食どちらが宜しいですか?』と聞かれたので、洋食を選択。

出てきたのはとり肉とパンとサラダ。(デザート付き)


 食後は映画を見る事にした。

放送してたのは『ラストサムライ』『アーマゲドン』他

『アーマゲドン』と言えば昔ラストハルマゲドンってゲームが有ったっけ

ご隠居はラスハゲと言ってたけど・・・ 内容は人類滅亡後の地球で侵略してきた宇宙人とモンスターが戦うRPG

ちなみに主人公はモンスター(12種を昼・夜・特別の日の3パーティに分割)。

つまりサイクロプスやらスライムやらを操作して宇宙人を倒していくゲームである。

更にレベルが上がると『モンスターを掛け合わせ』てパワーアップ!

スライムと掛け合わせた日には『ヌルヌルぐちゃぐちゃ』なその手のマニアには堪らないシロモノが出来上がる。
(通常の嗜好の人間だとご遠慮したいレベル)

今考えてもシュールなゲームである。

まぁそんな事はどうでも良いんだが、タダで見れるって事なんでまだ放送されてないラストサムライを見る事にした。

流石はハリウッドだけあって迫力が違う。特に最後の騎兵突撃なんかは・・・

ってか日本の映画でここまで大人数の斬り合いってやった事が無いのと違う?

今度は是非とも『暴れん坊将軍』をハリウッドで映画化して頂きたい。

勿論、主演は松平健ね。


ちなみにこの映画放映は何回も繰り返されていた。

だから、見逃したシーンをもう一度(ってか何度でも)見ることが出来る。

勿論、そのシーンまで待つ必要は有るけど


数時間後、朝食が運ばれてきた。

今度は選択無しでペラペラのホットケーキ3枚と果物&サラダ、ヨーグルトが出てきた。

下を見たら馬鹿デッカい湖が見えた・・・どうも五大湖らしい。

五大湖の端っこ
モンキーマジックとかガンダーラとか歌ってる・・・てそらぁゴダイゴや!

とりあえずお決まりのボケをしてみた。

五大湖を通過してようやくニューヨークが近づいてきたと認識できた。

ってか、今までランドマークもヘッタクレも無いトコばっかりだし・・・


 暫くして脳内『アーガス』状態でニューヨークに着陸。

ご隠居はとうとうアメリカの大地を踏んだのである。

俗に言う『儂は舞い降りた』ってヤツである。

実はこれをタイトルにしようと行く前から考えてたのに、もう既に使われてたんだ。

宮嶋○樹の馬鹿野郎!

このネタをアメリカ大陸で使うんやったら兎も角、なんでアフガンで使うねん!

まぁ旅行中にもう一個良いタイトル浮かんだから許してやるが・・・

ただ、このタイトル出てくるの結構先(64話にて発表)なんよ。

仕方ないから、暫く『儂は舞い降りた』ご隠居新大陸徘徊記(仮称)にしとく。


次はニューヨーク編へ
『儂は舞い降りた』ご隠居新大陸徘徊記(仮称)メニュー

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ