『動く89式中戦車を見に行くツアー』
ご隠居デンジャラスツアー・・・もう何回目か解らん

武器学校祭前日
 土浦武器学校に展示していた89式中戦車のレストアが完了し、

土浦武器学校祭にて動くらしいとの情報を得たので行く事にした。

偶然にもその前週にご隠居は休日出勤をしており、10月15日がその代休となった。

つまり10月13日〜10月15日と3連休なのだが、用事が有るのは真ん中の14日武器学校祭のみ

いつもは前日は他の所の見学を入れるのだがメジャーな施設は行ったし、展示物が追加されたとかも聞かんし、

それなりのイベントも無いし他に大型の兵器を展示している所も無いので行くトコが無い。
(なお、ご隠居の言うメジャーな施設とは靖国神社・武器学校・広報センター等を指す)

なので、首都圏でどっか行ってない所に行こうかなぁ〜と考えた末に

「日光」に行く事にした・・・けど、知らぬが仏とはよく言ったものである。

まさか東京から片道3時間掛かるとは思っても見なかった。

これで10月13日の予定は決定。

10月15日はと言うと、当初は14日武器学校祭後に夜行バスで関西へ戻る予定だった。

が、しばらく前から黒部峡谷に行きたいと思っていたので、

14日に東京から夜行バスで富山に行き、黒部峡谷へ行き関西へ帰宅する事にした。

これでまた毎度の如く強行軍の旅行スケジュールが完成した。

旅程は以下の通りである。

関西から夜行で東京へ→日光見物(日帰り)し東京泊→土浦見物し夜行バスで富山へ→黒部峡谷に行って関西に帰還

なお、職場のNさんに旅行後に話したら『え?それって本州横切ってません?』と言われた。


 10月12日仕事を終わらせて荷物を持って駅へ

いつもなら夜行バスを使うのだが、今回は全席予約で埋まっていた為に

やむを得ず値段が高い(倍以上する)寝台急行銀河を使う事にした。

で、待っていたが銀河が来ない。

JR東海道線(米原以西)全ての車輌が遅れているらしい。

30分程度遅れて銀河が入線したので乗り込んで横になった。

翌朝東京駅で撮影。ただし機関車には表記が無いのでただのEF65にしか見えん。

・・・夜行列車って走行音が決行うるさいんだな。

唯でさえ五月蝿いのに横になると騒音がダイレクトに響く為に更に五月蝿い。

これなら狭苦しいのが難点だが、夜行バスの方が寝やすいと思う。

それか早朝の新幹線に乗った方が良いかも知れん。

その方が時間は少し遅くなるが、家で寝れるし安い。
(新幹線の料金より寝台料金の方が高い)

まぁ今回は少しでも早く東京に着きたかったので、夜行列車を選択したのだが


 東京到着後、山手線にて上野へ

上野でうどんを食うべきか迷ったが、食わずに常磐線に乗り込み北千住へ

そして東部急行線の券売所で日光フリー切符を購入してホームへ

・・・が、鼻の差で日光行きの快速を逃してしまった。

そんな訳で次の急行に乗り込んで東部動物園前に行き、乗り継いで新栃木へ

ここで誤算3つ。

1.関西ですら1時間に列車2本しかないとこは余程のド田舎しかないってのに

  関東なのに1時間に有料の特急含め2本以下なんてトコが有るとは思わなんだ。


2.無理やり乗り継いで新栃木まで来たけど、新栃木は特急は通過。

  北千住で急行に乗らずに次の快速か特急を待つべきだった。


3.新栃木より栃木の方がキレイな駅だとは思わんかった

  普通は地名の頭に新が着いた方が新しい駅なのが普通だろ。

  こんなボロボロで「新」を名乗るな!

  せめて頭に一文字加えるのなら「ド・栃木」とでも名乗っとれ!

  駅がこんなボロだって知ってたら、駅がキレイな栃木で電車待ちしてたのに


 結局、20分ぐらい待って次に来た快速急行に乗った。

これなら上野駅でゆっくりうどんでも啜ってから移動したら良かった。

なお、到着したのは4両編成なのだが日光行きは2両編成(!)

なんちゅうド田舎だ!

けど、秋の行楽シーズンの土曜なので唯でさえ短いのに車内は満員状態。

2・30分程度で日光に到着し下車。

・・・車輌短くて来る本数も知れてる割にはホームが4番線まで有る。

そんなにホーム要らんのじゃないか?2番線まででも充分だと思うが


 駅で駅弁を購入してバス乗り場へ

当初は東照宮から行く予定だったが、バスの本数が余り多くない様なので

明智平・竜頭の滝・華厳の滝等の上流を先に回る事にした。

中禅寺湖行きのバスに乗り、45分程度で第二いろは坂途中の明智平へ

第二いろは坂と書いてるから判るだろうが第一と第二の2本有り、

第一いろは坂が日光行き、第二いろは坂が中禅寺湖行きの一方通行になっている。

つまり明智平は第二いろは坂の途中に有るので、中禅寺湖に行く途中でしか降りれん。

バスを降りてロープウェーにて展望台へ行こうとしたが乗り場で列が出来てた。

列の人数はそんなに多くないのだが、ロープウェーが小さいので案外待たされた。

で、展望台へ

展望台は結構小さい。

が、高所に在るので景色は良い。

特に中禅寺湖方向を見ると中禅寺湖と手前の華厳の滝が見えるのが良い。


明智平から見える中禅寺湖&華厳の滝

紅葉にはまだ早いのが少し残念では有るが

少しばかり見て下りのロープウェーの行列へ並ぶ。

10分程度待ってロープウェーで下り、乗り場を出たらバスが走ってった。

次のバスは約20分後である。

まぁ折角なので屋台で焼き鳥を買って食べながら次のバスを待つ。

なお、展望台で駅弁を食べようと思ってたのだが、狭い&風が寒いのでヤメにした。


次のバスが少し遅れて到着したので乗り込む。

もし中禅寺湖止まりのバスなら華厳の滝を先に見ようと思ってたのだが、

湯元温泉行きのバスが来たので、そのまま乗って竜頭の滝へ行く事にした。

なお、ご隠居が買ったのは日光フリー切符なのだが、フリー切符&バスのパスは

数種類存在しておりパスによっては有効区間がかなり違うので要確認である。

竜頭の滝バス停で降り、5分程度歩いて滝に到着。

ここら辺まで登ると少しは紅くなってる木も少しは有る。

が、紅葉と言うにはまだ早い。

少し残念だが、滝自体はなかなか良いと思う。

竜頭の滝
滝を見物後、ベンチに陣取って駅弁を喰らう。

食後はバスに乗って華厳の滝に戻ろうと思ったのだが、バスが来るのは20分後。

バス停でボ〜ッと待ってるのも退屈なので中禅寺湖方向へ歩く事にした。

そして約15分後中禅寺湖の傍に来たので湖を撮影し、近くのバス停で約10分後来たバスに乗り込んだ。

そして中禅寺湖で下車し、華厳の滝へ。

滝の向かいの上下に展望台が有るのだが、まず上側で撮影。


上から見た華厳の滝

次に有料エレベーターで100m降りて、下側の展望台で撮影。


下から見た華厳の滝

華厳の滝を撮影した後、エレベーターを上って今度は中禅寺湖へ

で、中禅寺湖を撮影す。

なお、中禅寺湖の傍の山は男体山と言うそうだが、あんまり字面が良くない。

女体山に改名した方が良いと思う。


撮影後は近くのバス停へ

なお、中禅寺湖のバス停の方がベンチが有り、近くに店も有り待つには適している。

ただし、バスを待つ人が多いので並んだ時間に因ってはバスに乗れない事も有り得る。

なので、中禅寺湖の一個手前のバス停にて待つ事にしたのである。

中禅寺湖で席が空くから、運が悪くても一区間だけ補助席に座れば済むし、満員で乗りそびれることは無い。
(もう乗ってるんだし)
んな訳で、日光駅行きのバスに乗り込み、西参道まで乗車。

西参道から歩いて煎餅屋に行き、土産物用煎餅を購入後、東照宮へ

なお、この時点で午後3時半

日光東照宮は午後4時半までなので、駆け足の参拝である。

余りに時間が無いので見物は東照宮だけにして輪王寺他はパスする事にした。

全力で門へ行き、チケットを購入。

門を撮影し、中へ・・・門を潜り少し歩くと有名な3猿が居てたんで撮影。

見猿↓


物凄く見てるやん!

もち嘘である。


3猿ばかり有名だが、実はそれ以外の猿の彫刻も有るのである。

それもこの彫刻にはそれぞれ意味が込められている。

手っ取り早く言うと「人生の教訓」とでも言うべきか


で、更に奥へ行くとまた門が

しかし、この東照宮ってとこは妙に派手である。

建物に彫刻が矢鱈と彫られているし、金テカだったりするし、

クワトロ・バジーナ専用じゃないかと思う程である。

また、東照宮と言うからには神社なのだが、仁王やら十二神将などが祭られてる。

つまり神社なのに仏が祭られているのである。

まぁそもそも人間(徳川家康)をここのドンとして祭ってるぐらいだから、

神仏混合ぐらい大した問題では無いような気もするが



更に奥に入ると眠り猫が有った。



・・・のだが、これが物凄く小さい。

気付かんと通り過ぎかけている人も居てた。
(連れの人が気付いて「ここに眠り猫有るよ」と連れ戻してた)

眠り猫の奥に進むと奥の院があるのだが、閉門まで余り時間が無いので早足で見た。

・・・正直、行くのが面倒な割にはそんなに大した事がない。

まぁ東照宮自体が派手派手なので地味に見えるってのも有るのだろうが

しかし、他人の墓に勝手に来た挙句「地味」って言うのもアレだな。

奥の院から戻り、薬師堂へ

この中に薬師如来&十二神将が祭られていて、天井には竜が書かれていた。

なお、中は撮影禁止で有る。


閉門時間になったので、山を下って日光駅へ

ここから宇都宮に行って餃子を食おうかと思ってたのだが、東武鉄道だと乗り換える必要が有る上に本数が少ない。

JRだと直通なのだが矢鱈と高いし本数も少ない。

バスも有るのだが案内が全く無いので乗り場がどこか解らん。

しかも、恐らく乗り場を探している内にバスは発車したっぽい。

なお、インフォメーションは有るのだが宇都宮への行き方の案内は皆無。

聞こうにも肝心の案内嬢は外人さんの質問に掛かりきり。

マイナーな町だとか便が多量に有るから多少逃しても大丈夫ってなら解るんだけどさ。

交通の便が悪いド田舎なんだから交通案内ぐらい貼り出しておけよ!

なお、ご隠居は基本的に案内が無いってのは大嫌いである。

そこがマイナーな所だってなら納得もするのだが、観光地だとか施設だとかで案内が無い場合はかなりお冠である。

特に大規模な施設&店舗で入り口近辺に案内板が無ければブチ切れてる。

理由は「客にクソ広い中を一々歩いて探せと?商売する気有るんかボケ!」と感じるから

しかも、そう言う施設に限って解り難い配置にしていたりする。

そう言う場合は余程必要な物を探しているのでない限り、即座に出る。


 結局、時間も遅いので宇都宮に行くのを止めて東京に行く事にした。

東急日光駅で北千住行き快速に乗り、約2時間で北千住に到着。

北千住からJRに乗り換えて、常磐線→山手線と乗り継いで池袋へ

そして池袋で降りて向かった先は毎度の南池袋大勝軒。

相変わらず注文したのは玉子ラーメン。

店中もりそばの中、ご隠居のみラーメンである。

食後は西武鉄道を乗り継いで○○駅へ行き、阿近さん宅へお邪魔する。

阿近さん宅でしばし色々と語らった後に就寝。

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ