『脚立でGo!海外編 韓国』の6

ご隠居デンジャラスツアー・・・もう何回目か解らん

韓国4日目
  翌朝早朝にソウルに到着。

正直到着時間が早過ぎる。

列車は5時50分発だし、こんな時間に何もする事が無い。

なのでソウル駅のベンチにてウツラウツラして時間を潰す。

その後、ソウル〜臨津江の乗車券を往復で購入。

朝飯としてマクドの朝メニューを食べようと思ってマクドを覘いたが、

販売してるのは早朝なのにレギュラーメニュー・・・韓国のマクドには朝メニュー無いんだろうか?

朝メニューの無いマクドには興味が無いので、諦めて列車の時間を待つ。

午前5時40分頃、列車に乗り込む。


列車はソウルから北上・・・段々窓から見える光景から人家が減っていく。

そらぁまぁ敵国との国境沿いに住みたいって奴は少ないだろう。

で、約1時間半後に臨津江駅に到着したが、人家は全く無い。

駅の敷地は結構広いのだが、駅舎がポツンと有る感じ。

列車から降りたのはご隠居も含めて3人のみ

早朝だってのも有るだろうが、こんなトコに来る物好きも少ないんだろう。


 駅を出て少し歩くと橋が有り、橋の横には橋脚が有った。
どうも朝鮮戦争時に爆破した橋の橋脚だけが残ってるらしい。


で、先に進むと公園みたいなトコが在った。

どうもここが臨津閣らしい。戦車や軍用機が置いてなきゃ本当にただの公園って感じである。

尚且つ朝早いからか知らんが、全く人気は無し。

まぁ撮影する分には好都合である。

臨津閣には展示されているのは

M4A3E8

M47

RF−86
それとLVT4とU−6ビーバー、O−1バードドッグ、ホーク(地対空ミサイル)とジープ、そして


謎な砲
ってトコ。

謎な砲ってのは看板には日本軍が使用したと書かれてる様なのだが、一体何か解らない。

日本製かどうかも解らんし、本当に日本軍が使用したのかもよく解らん。

ただし、日本軍は貧乏だから、敵軍から鹵獲した砲を使ってたってのも充分考えられる。

正直に言ってここは展示物は少ない。

それにそんなに珍しいって物も無い。
(普通の人にとったらM47で充分珍しいのだろうが)

なので、適当に撮影して回ってとっととソウルに戻る事にした。

建物内の見物はパスである。

どうせ展示されてるのはハングル文字で書かれたパネルか小銃とかの小物だろうからってのと、

列車の本数が少ないので帰れる時に帰っておかないと長時間拘束されるからである。

つまりは行きで乗った列車が引き返すのに乗る為に切り上げたのである。


 ソウル駅に引き返した後に地下鉄にて三角地駅へ行き、戦争記念館の館外を撮影。

2日前にも撮影してるので、飽く迄保険である。

撮影後、地下鉄にてソウル駅へ行き、歩いて空港バス発着のバス停へ

そして到着したバスにて仁川国際空港へ

国際線のターミナルに入ってカウンターでチェックインし荷物を預けた後に、お土産屋を覘く。

韓国と言えばキムチだが、寄生虫混入の可能性を考えて却下。

ってか、普通は本場○○産ってのは興味を惹くが、本場韓国産は確実に避けてしまう。

韓国産以外だと中国産もヤバいのは同様だが、本場中国産って見た事無い。

で、結局お菓子なら大丈夫だろうって事でお菓子&袋ラーメンを購入す。

お菓子の方はどっかで見た事の有る外見である。
ってか、中身もほぼM社のアレである。

しかも、製造元は日本でも有名な某社。

けど、某社って日本でもお菓子コーナーで普通に売られてるから忘れがちだが、所詮は朝鮮メーカーである。

土産物を購入した後はゲートにて乗降開始まで待ち、しばらくして飛行機に乗り込んだ。

飛行機は約2時間程度で関西空港へ到着。

入国をさっさと済ませて帰宅した。


お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ