『脚立でGo!海外編 韓国』の3

ご隠居デンジャラスツアー・・・もう何回目か解らん

韓国2日目の2
 高速バスの運転は空港バスより荒い。

しかも、シートベルトが無いから危険である。

山の合間を通って2時間半ぐらいでなんとか無事に江陵(カンヌン)へ到着。

バスターミナルを出てタクシーを捕まえて江陵(カンヌン)統一公園へ向かう。

海岸と山の狭間になんとか作った様な道を走って20分ぐらいで公園の入り口へ。

江陵(カンヌン)統一公園自体も山にへばり付いてる感じである。

公園の入り口には目印として戦車型の看板が置いてた。

戦車看板
そこを曲がって上っていくと江陵(カンヌン)統一公園に到着。

展示車輌はM48とCM6614とM991とLVT−P7と砲2門。

M48A2CとCM6614
他に北朝鮮の潜水艦と退役した駆逐艦が存在するらしいのだが、ここからでは見当らない。

建物内には北の工作員の所持品やら何やらが展示されてた。

・・・なんか日本製が多いんですが

どこかで見た事の有るメーカーの品々
けど、唯でさえ危険な任務だから道具ぐらいは危険性の無い物を持ってたいだろうから

朝鮮製は除外してしまうよなぁ・・・肝心の時に壊れてたなんて日には洒落にもならんだろうし


展示物はさほど無いのでチャチャッと撮影終了。

他に民間機みたいな機体も有るのだが、少し離れていて行くのが面倒なのでパスする。

なお、この統一公園ってのはここ以外にも何箇所か存在する。
(こう言う施設の名称が統一公園みたい。他にも統一展望台とかも有る)

坂を下って道路に出たが潜水艦&駆逐艦は見えない。

周囲は人里離れたところで人気は全く無い。

見える景色はこんなの(↓)

思いっきり辺鄙な海岸
来た方には無いのは確実だから、逆の方(南)へ歩く事にした。

車はバンバン横を過ぎ去っていくが、人っ子一人居ない心細い状態で延々歩く。

左は日本海、右は道路を渡るとすぐに山肌。

そもそも鹵獲された北朝鮮の潜水艦は隠密裏に工作員を上陸させようとしてたのだから、

集落とか人に見つかる可能性の有る所に近づく訳が無い。

有るのは韓国軍の監視所ぐらい。

そんな中を20分程度歩いてたら、ようやく駆逐艦が見えてきた。


駆逐艦
(かなり接近して撮影)
駆逐艦の手前には潜水艦も有る。

北の潜水艦

入り口の小屋でチケットを買い、まず潜水艦から見物す。

中を通り抜けれる様になっているのだが、潜水艦の常では有るが狭い。

B−29の機内より通り難い。

しかも、そこら中に矢鱈滅多らメーターが付いてたりする。

潜水艦内
なお、通路を潜る際に何回か頭を打った・・・ヘルメットしてたからそんなに痛くはなかったが


通り抜けて外側を撮影してから駆逐艦へ

この駆逐艦はアメリカのギアリング級だそうだ。

正直な話駆逐艦はよく判らん。

適当に撮影してから帰る事にした。


 この潜水艦&駆逐艦の近くにバス停は有るのだが、バスはしばらく来ないみたい。

で、ぼ〜っとしてたらタクシーが通り掛かったので手を上げて止めて乗り込んだ。

25分程度で江陵(カンヌン)バスターミナルへ到着。

窓口に並んで乗車券を買い、昼飯にロッテリアでハンバーガーを買おうと思ったが、

矢鱈滅多ら並んでる上に全然進まんので、飯は諦める事にした。

しばらくしてバスに乗り込んで出発。

ところが高速に入るとすぐに大渋滞。

ジリジリとしか進まん。

ソウルで予約していた晋州(チンジュ)行き夜行バスの時間にはかなり余裕を見ており、

仮に行きの倍の時間が掛かっても間に合う様にしていた。

・・・1時間経過

かなり遅いな。

・・・2時間経過

相変わらず渋滞のままだな・・・微妙に進んではいるけど。

・・・3時間経過

少しずつしか進んでないけど半分ぐらいは来てるよな?

・・・4時間経過

ありゃ?ひょっとしてヤバイんじゃないか?

と思ったら、バスが突如スピードを上げて走りだした。

今まで渋滞だったよな?渋滞抜けたのか?

って、おいおいサービスエリアを爆走してるよw

サービスエリアなんだから人が歩いてるってwww

いやぁまさかね、車の陰から人が出て来るかも知れんのに全速で走るとは思わんかった。

流石は朝鮮・・・恐るべしである。

少しでも早く着こうとしてるんだろうが、人撥ねたら余計に遅くなるぞ。

と思ったが、何とか無事撥ねずに済んだみたい。

実は撥ねていて気付かなかっただけって可能性もゼロではない。

が、まぁ良しとしておこう・・・運転してたのご隠居じゃねぇし。


で、合流後は当然の事ながらまた大渋滞。

しかし、ここら辺からはそれなりに動く様になってきた。

が、時間を確認するとヤバそうな感じである。

現在地が解らんのでソウルまでどれぐらい掛かるのか解らんが、タイムリミットまではそんなに時間が無い。

けど、ご隠居はそんなに焦ってなかった。

どうせまた何時ものパターンだろって・・

案の定というか、平野部に出てからは渋滞は解消されバスも順調に走り出した。

で、ソウルに到着したのは夜行バスが出発する5分前。
(作り話でもなんでもなく、実際に5分前に到着した)

ダッシュで夜行バスの乗り場へ走り、何とか乗り遅れずに済んだ。

出来過ぎな感が有るが、いつものパターンである。

旅行の度にいつもアクシデントが発動するので、最近はもう慣れてしまっている。

けど、毎度起こるので最近は何かとり付かれてるんじゃないかと考えてしまう。

それともザンスの初代主役のビンクみたいに特殊な潜在能力でも有るんだろうか?

なお、ご隠居は心霊とかを信じる方ではない。

特にスピリチュアルなんてペテン以外の何者でもないと思っている。

第一、やってる輩がペテン師にしか見えないんだから・・・

あぁ言うのを見ると「信じる者は(足元を)掬われる」とか

「儲けるって字は信者と書くんだよね」と思ってしまう。

と言っても逆に否定論者でもない。

何せ昔同僚に心霊スポットに行かんか?と誘われた時に

心霊が存在しないなら心霊スポットでは無いのだから行く意味が無いし、

逆に
存在するなら自分から厄介毎にクビ突っ込む事になる。

故にどっちにしろ行く気は無い。

別に小心者と思ってくれても構わんよ。」
と言って断った。

なお、別に害が無いなら存在しても構わないと思う。

かつ、いっそとり付かれるならピチピチのネェちゃんが良いと思う。

着てる服がピチピチってオチだけは勘弁して欲しいが

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ