富士学校祭2004見学記

その6
 その後、坂を下って模擬店の有る『ふれあい広場』へ

既に片付けが始まっていて客も少なくなっていた。(ってか、それまでが多過ぎたんだが)

ふと、傍らを見ると『自衛官と友達になりませんか?』なる看板を発見!
画像だと見難いと思うが、『独身のみなさん 年間を通して素敵な出会いのきっかけづくりをお手伝いしています』

(個人、友達、グループでも)気軽に連絡してみませんか?との事。

そして月ごとにイベント予定が書かれてるのだが、そんな事より何より

小さく『初婚・再婚問いません』と書かれてるのが何より切実さが感じられる。

が、こう言う基地祭に来る女性って恋人がマニアか親子連れってのが大半だろうから、

ターゲットがかなり少ない気がするのはご隠居だけだろうか?


しかし、流石の『かさぱのす』さんもこの看板には気付いていまい。
(軍事系HPでお笑いOKなのってご隠居と『かさぱのす』さんぐらいだろうな)

ご隠居は『ロクでもない物発見能力』だけ発達してるからな。(偶にとんでもないシロモノを発見してる事が有る)


 模擬店も閉め始めてたので、『撃まん2004(仮称)』を販売してるテントを大急ぎで探し、

店頭に並んでた『ザ・ランドサンダー戦車(栗まんじゅう)』と共に購入!
(瓦センベイも有り)
しかし、ザ・ランドサンダーって嫌にハッタリ効いた名前だな。

ちなみに『撃まん2004(仮称)』って名前は、去年の撃まんと違うらしいと言う事でその名称を付けてみた。

去年は『まんじゅうに直に絵が描かれていた』(特許製法だそうだ)のだが、

情報によれば今年は『まんじゅうを包んでるセロファンに絵が描かれてる』らしい。

駄目やん、パワーダウンやないの。

勿論、『撃まん2004(仮称)』を急いで購入したのには訳が有る。

それはアイコンに使いたかったから!(ご隠居は特にまんじゅうが好きって訳ではない)

まんじゅうをアイコン化する為だけに買うヤツってのも相当珍しいだろうなぁ。


ちなみに大急ぎで『撃まん2004(仮称)』を探したので撮影するヒマが無かったが、

T宮(某有名プラモ会社)の特売テントにT−55のプラモが山積みされてたのを遠目に見たのだが、

T宮は自衛隊が嫌いですか?よりによって仮想敵国のソ連ってのは・・・


 まんじゅう二種購入後はまた展示車輌を撮影して廻った。

来場者が減ってるので実に撮影が楽であった。

なにせ、それまでは人が撮影しようとカメラを構えてる所に『真ん前に立つ馬鹿(子供に非ず)』が多量に居てたからな。

カメラ構えてる前に立たんのはマナーに決まってるし、こんなんアメリカ人ですら守るぞ!

ちなみに撮影に関するマナーはアメリカ人の方が遥かに上である。

アメリカ人はカメラを構えてる人間が居たら、出来るだけ写らない様に立ち止まるか早足で立ち退いてくれる。
(しかも会釈までする。基本的にイギリス人・ドイツ人も同様)
それに対して日本人は構えてるお前が悪いとばかりにムッとするヤツが多い。

いやさ、幾らご隠居でも子供に対してどうこう言ってる訳じゃない。

子供は仕方が無いが、親が論外。(子供より親の方がモラル無いヤツも多い)

そう言う馬鹿が減ったので、今まで撮影出来んかった60式自走無反動砲なんかを撮影。
まぁ60式自走無反動砲は霞ヶ浦駐屯地取材で撮った画像が有るが・・・

この撮影時に30型ロケットは昭和43年から平成4年まで使用されてた事が判明。

まぁロケットの発射台がボロだろうが、大して性能に影響が無いから使ってたんだろうけど・・・

けど、この車体ってカチューシャと大差が無い様な気もするな。

カチューシャとは大戦中のソ連の自走ロケット砲(ってかトラックにロケット&発射台を載せただけのシロモノ)のあだ名である。

ドイツ人はスターリンのオルガンと命名してたが、カチューシャの方が有名。


 富士学校祭も終わったので帰ることにしたのだが、来場者もどんどん帰っていったので道路が渋滞しだした。
(富士学校の門から見えた)

はぐれメタルさんが駐車場から車を運んでくるまで阿近さんと喋って暫く過ごした。

当初は『富士学校から出てから、何処かの飲食店に行こう』って事だったが、

この渋滞では店屋に行くまでが一苦労って事で中止になった。

以後は阿近さん達と別れ、はぐれメタルさんの車にHKさんと乗せて貰って三島駅に向かって出発。

はぐれメタルさんは某M社の人なので、当然某M社の自動車である。

しかし、トランクに販売用の『値段が書いたポップ』が入ってたってのは・・・ご隠居に売る気ですか?

勿論『あと0が二つ少なかったら買っても良いんだけど』とボケてみたが

車内では某M社のネタやロクでも無い話のオンパレード。

三島駅近くでデニーズに入って晩飯を食べる。

なんとHKさんのオゴリである。

流石は元財閥系大手会社社員である!

ご隠居はロクにファミレスに入った事が無いから、緊張のあまり昼飯にカレー食ったにも拘らず「カツカレー」を注文す。

いや一人でファミレスは入れんからなぁ・・・ラーメン屋だったら兎も角

ちなみに食後にはパフェまでゴチになった。

出来たらチョコパフェの方が良かったなぁ(笑)

色々と会話を楽しんだ後は、お会計を済ませて三島駅にて解散。

HKさんは新幹線で東京に向かうのでホームまでご一緒する。

スグに東京行きのこだまが来たのでHKさんは乗り込んだ。

ここでHKさんに謝りたいのだが、『次のヒカリの方が早い』って事に行って出発後に気付いた。

もう少し早く気付いたら、止めれたんだけどなぁ。
富士学校祭2004メニューへ

お馬鹿旅行記のメニューへ

馬鹿ペーへ

トップへ