富士学校祭2004見学記

中編1
 自衛隊員に聞いた公衆電話に向かう。

資料館から少し外れた所に公衆電話を発見。

んで、はぐれメタルさんの携帯に電話・・・まだ出ねぇ。

仕方ないから暫く展示品でも見物するかと思って常設展示の広場へ。

常設展示の広場には屋台も出ていて、見物人がベラボウに大勢居た。
人だらけで、人探しなんてとても出来そうに無い。

はぐれメタルさん&HKさんには時間を置いて電話する事にして、とりあえず手近に展示されてる軽装甲機動車を撮影。
更に角度を変えて逆から撮影・・・と思ったら、背後から聞き覚えの有る声が

振り向いたらHKさん&はぐれメタルさんがこちらに向かって歩いてきてた。

(HKさんの声って特徴が有るから判り易かった)

電話も繋がってないし、待合場所でも合流できなかったってのに、偶然に合流完了。

これはきっとご隠居の日頃の行いが良いからこれ程スグに見つかったに違いない。

 無事合流し、そろそろ式典が始まる様なので会場に向かう。

会場にはとんでもない数の車輌が配置されていた。
この量の戦車を関西で見ようと思っても、まず見る事は出来ないだろう。

第一、90式戦車なんて関西には配備されて無いのじゃないだろうか?

関西の駐屯地祭で出てくるのは未だに74式戦車だしな。

しかも駐屯地によっては自前で持ってないから、他の駐屯地からの借り物だったりするし・・・

しかし、アメリカに行ったがコレだけ多量の戦車が並んでるのは見た事が無いな。

アバディーンですら数量では負けてるだろう。

珍しさでは向うの方が圧倒的に上だけど


 客席が用意されてたが、座席は満席で自衛官がストップ掛けたので、

ご隠居とHKさんの二人はロープの内側に陣取り地べたに座る事にした。(はぐれメタルさんは座席へ)

しかし、これは幸いだったかも知れん。

はぐれメタルさんやHKさんの一眼レフデジカメなら座席の最上段とかでも撮影出来るだろうが、

ご隠居の光学3倍ズームのデジカメではかなり小さくしか撮れないか、ピントが合わなかった可能性が高い。
 しかし、自衛隊員もクソ暑い中整列して大変である。

式典は延々と続いていたがHKさんと会話して暇つぶしした。

いや、政治家の挨拶とか電報なんて聞いても仕方ないし

随分経って、挨拶が終わると整列してた自衛隊員が各車輌に乗り込んだ。

そして順に客席の前を通り去って行く。

各種車輌(当然、90式戦車も)がご隠居の前を横切っていくので夢中になって撮影。

しかし、ご隠居のデジカメではピントを合わすのが難しいな。

車輌にピントが合ったら背景がぶれるし、背景にピントが合うと車輌がぶれる。
まぁ見事に90式が撮影できたから良しとするか・・・動画も撮れたしな。


以降は次回に続く
富士学校祭2004メニューへ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ