『脚立でGo!海外編 西欧の巻』
ご隠居デンジャラスツアー・・・もう何回目か解らん

西欧行きの1
 ご隠居X(以降ご):順番無茶苦茶だが2006年にドイツ〜フランスに行った時の話をする。

ジョニー君(以降ジ):本当に出鱈目な順番だな。

            これって韓国旅行と中国旅行の間の話だろ。

            
第一、途中で止まってる1回目のアメリカ旅行の話はどうなったんだ?

ご:第1回目のアメリカ旅行の話は諸事情により延期。

  そのうち再開するツモリだけど、いつ再開かは不明。


ジ:なんかそのまま忘れてしまいそうだな。

ご:再開する前にアメリカ南部にもう一回行ってからにしたいと思ってるんだが。

  で、話は西欧行きに戻す。


2006年11月末、急遽ヨーロッパ旅行する事にした。

ヨーロッパ以外で他に行き先が無いか考えてみたのだが、アメリカは連続なので却下。

ロシアは時期的に寒そうだし旅行手配がギリギリ、更にこの時はクビンカ戦車博物館は見学不可なので却下。

って訳で、前回訪問時デジカメ持ってなくて余り撮影出来なかったムンスター&ソミュールに再訪する事にした。

ジ:その理由だったらイギリスでも良かったのでは?

ご:ドイツ〜フランスならベネルクス3国のどっか寄れるなと。

ジ:なるほど。

確保したチケットはドイツ(フランクフルト行き)で、滞在期間は5日(4泊5日)

今回は直行便ではなく、台北で乗り継いでのフランクフルト行きとなった。

ジ:滞在が4泊5日でムンスターとフランスのソミュールを見てまわるとしたら結構日程厳しいな。

  
ムンスターはフランクフルトからそんなに近くないし、ソミュールに至っては遥か彼方だし。

  更に途中ベルギーに寄るとなると、頑張っても博物館3箇所行けたら万々歳だな。


ご:甘い。ご隠居がそんなヌルい旅程を組むと思うか?

  散々思案して考えた旅程は↓である。

  到着1日目
  フランクフルト空港8時頃到着→
コブレンツ(軍事技術博物館見物)→ブレーメン宿泊

  2日目
  ブレーメン→
ムンスター(戦車博物館見物)→フランクフルト→夜行列車でパリへ

  3日目
  早朝パリ着→
ソミュール(戦車博物館見物)→パリ宿泊

  4日目
  パリ→アントワープ見物→
ブリュッセル(王立軍事博物館見物)→ケルン宿泊

  5日目
  ケルン→フランクフルト空港→関空へ

  ってプラン。


  文章で書いても解り難いだろうから地図で表すとムンスターとソミュールの位置は↓の様になる。

赤丸がフランクフルト、青丸がソミュール、緑丸がムンスター
ジ:ムンスター行った次の日にソミュールに訪問って予定になってるけど、

  
ひょっとしてムンスターとソミュールって1000km位離れてないか?

ご:ひょっとしなくても離れてると思うぞ。

  
それに両方ともド田舎なので列車の本数は物凄く少ないのもポイントだ!

ジ:阿呆だろ・・・どんなプランだよ。

  
博物館見物以外は移動バッカリだろ!

  
しかもパリに泊まってるだけで観光してないし。

ご:
だが、それがいい。

ジ:良くねぇよ!

ご:もう1日有ったら、スウェーデンのアクスバル戦車博物館行くのも考えたんだが。

ジ:更に無茶苦茶な旅程になるがな。

  
・・・ちなみに気になるのだが、アントワープって軍事博物館有るの?

  第二次大戦の終盤でV2打ち込まれたりしてるみたいだけど。


ご:あ、アントワープは軍事とは関係が無い。

ジ:軍事関係無しだなんて珍しいな。

  
ってぇか、パリを無視してるのにマイナーなアントワープに寄るのも変な話だな。

  飾り窓はオランダのアムステルダムだしなぁ・・・いや考え過ぎか。

  
単にパリは前に行ったからパスでアントワープは初訪問だからとか?

ご:まぁ気にすんな。

  って訳で、旅程決定。


ホテル&ユースホステルの予約をとっとと済まして、両替&ユーレイルパス(3カ国)を購入。

ついでに乗る列車も決まってるので予約が必要な夜行列車とTGVの予約をしておいた。

今回は新規の博物館は王立軍事博物館のみで、他の博物館は以前訪問してるので特に下調べ不要。
(精々、休館日ではない事を確認したぐらい)

未訪問都市はアントワープとブリュッセルとブレーメンの3箇所有るが、

有名な観光地だから観光ガイドに載ってるし地図もちゃんと有るから他に用意する事は無し。

なので、準備終了。

『脚立でGo!海外編 西欧の巻』の2へ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ