ご隠居デンジャラスツアー6
ヨーロッパで最も(自分の身が)危険な男  イギリスから帰国編
5月2日 木曜日

昨日の夜撮影したセントポール大聖堂(横)

セントポール大聖堂(正面)
 今日はヒースロー空港から帰る予定。

買い物をメインにしようと思う。(まだ土産モンを何も買ってない)

ストリートマーケットを見てみたが、そんなに欲しい物は無かった。

秋や冬やったら革ジャンでも売ってたかもしれんが、春やったからなぁ。


 買うもん見つからんかったんで、ピカデリー・サーカスにある三越へ

入店と同時に日本人ツアー客が2・30人入って来たので、お土産売り場(結構狭い)が混雑した。

慌てて買い物するのは好きじゃないので、買い物を後に回す事にした。


 時間が有ったので、シャーロックホームズ博物館へ

入り口で日本人か聞かれた。《パンフレット(日本語)をくれる》

シャーロックホームズが執筆された当時は『ベーカーSt.221』は存在せず

(そこまでベーカーストリート伸びてなかった)、後の延長工事で出来たので、小説を基にして建てられたらしい。

中で一番気に入ったのは、メイドさんの服を着たネェちゃん。

アレだけで見に行く価値はあります。

美人じゃないが、メイドさんの服を着てるだけで良し!

メイドさんは漢おとこのロマンだよ!

特にメガネを掛けたネェちゃんが良い。(写真撮ってない)

なんか目的が違ってるけど・・

シャーロックホームズ博物館の玄関
通称シャア専用玄関(大嘘)

博物館内はこんな感じ

シャーさんとワトさん(棺桶内は忘れた。)

コレが『漢のロマン』 メイドさんだ!

 その後は、昨日見つからんかった『チャーさんとルーさんの像』から探す事にしてボンドストリートへ

『余程、見つかり難い所に置いてるのかな?』と思ったが、とりあえず一度通りを歩いてみた。

トコロが昨日は何も無かったトコに『チャーさんとルーさんの像』が有った。

まさか校庭の『二宮金次郎の像』ばりに、夜になったら像が歩くのか?

『イギリス七不思議の一つ』か?
(恐らく、前日がメーデーだったので、デモの巻き添えにならない様にしたのでは?)

チャーさんとルーさん像

 撮影後、また三越へ

今度はさっきのツアー客がいなくなって空いていたんで、ゆっくりと買い物をした。

帰って来てからの感想だが、チョコが色々置いてるが、

王室御用達アーモンドチョコ以外はそんなに旨くないです。
(子袋に入ってるアーモンドチョコ、アレは旨い。誰かイギリスに行く人おったらクレ)

 フィルム切れたので三越でフィルムを買う事に

値段がボッタクリ級に高い。

たかが24枚取りのAPSフィルムが1000円近くした。

フランスですら36枚取り35mmフィルム二本で1200円位だったのに・・・
(最近気が付いたんだが、そんだけ出せば日本なら感度800の35mmフィルム2本セットが買える。)

購入して地下鉄構内のラブ・イズポスター(変なモン写真館参照)の最後の一枚を撮影。

コレで見た事の有るポスターは全部撮影したと思う。


 買い物と撮影終わったから、まだ早いけど空港へ

空港行き地下鉄に乗ってたら、途中の駅で当駅止めに変わった。

全員降りていくので、付いて降りて次の車両を待って空港へ


 空港のJALの受付で手続きをしてから、ゲートを通って待合へ
(JALは空港や機内に日本語喋れる人がおるから楽でえぇ)

結構時間が有ったので、免税店(待合の周囲にある)を見て回る。

免税店にて『ドイツで見つけた旨そうなチョコ』が有ったんで2箱購入。
(実際旨かった。FERREROって書いてある箱に入ったチョコ。後に日本でも普通に売られる様になる)
それでも時間が余ったので、待合で女の子(恐らくイスラム系の4・5歳の子)とニラメッコしながら待つ。


 搭乗30分前になり、乗り場近くの待合へ

ノドが渇いたので、自販機で買おうとしたら壊れてた。

仕方なく諦めるが、同じ自販機で数人同じ様にしてた。

スグに搭乗時間になり、並んで搭乗するが、搭乗口でジイサンが倒れた。

明らかに具合が悪そうなんだが、『乗る』との事。

『なんか不吉やな』と思いながら席に座った。


 しばらくして、出発するとアナウンスが入り、飛行機が滑走路へと進んだ。

と思ったら、飛ばずにノロノロと進んで行くだけで全く飛びそうに無い。

不審に思っていたら、アナウンスで『急病人が出たので空港に戻る』との事

よく聞いたら、案の定さっきのジイサンだった。

結局、ジイサンを降ろす為に空港に戻った上、燃料の補給の為に2時間遅れて離陸。

急病人やったら仕方が無いが、乗る前から分かってたやないか!

『えぇ歳して、少しは他人への迷惑を考えろよ!』

飛行機はルートを偏西風に乗るルートに変更して飛行する事に

内心で『コレで飛行機落ちたら、ジイサン一生怨む』と矛盾した事を考えてた。
5月3日 金曜日  機内では、またソリティアの鬼と化す。

ひたすらプレイしまくってた。

関空へは約一時間遅れで到着。

関空での乗り継ぎの人も乗ってたが、何とか間に合ったらしい。(恐らく、乗り継ぎ便も遅らせたのでは?)

結局、一人のジイサンの為に1000人近い人間が直接の迷惑を被った勘定になる。
(待ってる人間や空港関係者などを含めたら、桁違いになる可能性もあるな)

あぁ言う年寄りにはなるまいと心に誓う。


 持ち物検査で何故か行列が出来ていた。

別に検査個所が少ないわけでは無い。

何故か日本人は人が並んでいる列にしか並ぼうとしていないらしい。

馬鹿馬鹿しいので、空いてるトコに行く。

係員に指示に従っていたら、呆気なくOKが出た。(持ち物を開けたが、中はホトンド見てない)

こんなに簡単にOK出るのなら『無修正本』持って帰るべきだった。


 南海電車に乗って難波まで来てから、周りの人との服装の違いに気がつく。

周りの人は『5月の暖かい中、この人革ジャン着てて暑くないんか?』とか思ってんねやろなぁ。

『確かに無茶苦茶暑いです。』

しかも、荷物と土産がとんでもなく重い。

潰れ掛けながら、家に帰還。

『恥ずかしながら、帰って参りました。』ってトコ

ちなみにお土産の約半数はオレの腹の中に消えた。

ホテル・列車を全く予約せずに行って、夜行列車4泊・野宿1泊ってのは結構良い方か?
(まぁ、オフシーズンやったからな)

今回の旅行の感想は『やっぱりメイドさんはえぇ』って事

ヨーロッパで最も(自分の身が)危険な男メニューへ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ