ご隠居デンジャラスツアー6 ヨーロッパで最も(自分の身が)危険な男  イギリス再入国編
ユーロスター車内
及び
ロンドン到着後
 発車してスグに隣のオッサン(外人)が席を立って、その後帰ってこない。

しばらくして、(遅れて電車が発車したので)腹が減った上にノドも渇いていたので、食堂車に行く事にした。

すると、途中で隣のオッサンとすれ違った。

『何してたんだろ?』と思ったが、食堂車付近に着いて納得。

食堂車前から列が出来ていて全く入れない。

仕方なく、列に並び30分位してからカウンターに辿り着いた。


メニューを見るが、どれも値段が高い。(イギリス料金を更に割高にした値段)

ハッキリ言って、ボッタクリみたいに高い。

結局、缶コーラのみを買って席に戻った。


 予定より遅れて午前0時頃にロンドンに到着。(11時着予定だった)

ところが、ロンドン地下鉄は12時には終電の為、駅を閉鎖していた。

『謀ったな!シャア!』って感じだ。

タクシーはあるのだが、タクシーでユースホステル行くってのも馬鹿らしいから、

結局はワータールー駅で野宿した。
こういう日に限って、気温が低く風もキツくて本気で凍死するかと思った。

余りの寒さに『あぁ、刻が見える。』って中を、何とか根性で寝た。
(寝たと言うか、ウツラウツラしてた。真剣にやばかった)
4月29日 月曜日  寒かった(注 死にそうやった)んで、地下鉄の駅が開くと同時に、地下鉄駅構内へ

自動販売機で回数券(一ヶ月有効)を購入するが、

一ヶ月有効と言っても月末閉めの為、

4月29日に買っても4月30日までしか使えない事に気が付き愕然とした。
(しかも二日間で使い切る場合、一日乗車券を使った方が安いと思う。)

またしても『謀ったな!シャア!』って状態。


 地下鉄に乗ってユーストン(Euston)へ

ユーストン駅でコスフォード行きの往復切符を買うが94£もした。

日本でブリットレイルパス(フレキシー)を買わなかった事を後悔した。

朝早かったので、チープ・デイ・リターンが効かなかった恐れが有るけども・・・
(ブリットレイルパスを買ってたら、ポーツマスも行けたのに)


 切符購入後、列車が到着したので乗り込んだ。(多分、6:40分発)

昨日ホトンド寝てないので、車内で爆睡。(連日爆睡やな)


 寝てたら、バーミンガムで起こされた。

多分、ココで降りると思われたのだろう。(ホトンドの客がバーミンガムで降りた)

『サンキュー』といってまた寝た。

寝てる間に、WOLVEHAMPTONに到着。

列車を降りて、ローカル線を待つ。(多分、SHREWSBURY行き)


 朝飯を食べてないので、売店でチョコを買って食う。

散々、寒くなってきた頃に列車が到着。(多分、一時間近く待った)

乗り込んで3つ位でコスフォード(Cosford)に到着。

空港の敷地以外、何も無い。(冗談抜きです)

この駅で降りたのはオレを含めても3人。


 フェンスに看板が付いていたので、それを見て方向を確認。

正直、真剣に何も無いので迷う事は無いと思う。

フェンスに沿って10分ぐらい歩くと、博物館の敷地が見えてきた。(と言うかそれ以外何も無い)

ガラス張りの建物(エントランス)に入って、チケットとガイドブックを購入。

雨が降り出したので、雨宿りを兼ねて博物館内(エントランスを抜けて左にある)をメインに見物。

建物に入ってスグはイギリスの試作機と飛行機の原理の説明(模型)がメイン、

扉の奥が大戦機の展示になってる。

雨が止んでから、屋外の展示物や別館を見物した。

五式戦と百式司令部偵察機、Me262A−1aとMe410が見れて御満悦な気分を味わいながら帰る。
(日本語の説明も付いている)

五式戦

五式戦を背後から

百式司令部偵察機と桜花

百式司令部偵察機を前方より

Me262A−1a

Me410A−1/U−2
 が駅に着いても列車は来ない。

しかも、待合はボロ、風はキツイ、気温も低い。

心底寒さを味わった頃になって、列車が到着。

トドメにWOLVEHAMPTONで列車を降り損なって、隣の駅から引き返してくる羽目に・・・
(てっきりバーミンガム行きかと思ってたら別方面の隣駅止まり)


 WOLVEHAMPTONでユーストン(Euston)行きを待って、ユーストンへ直行。

例のセント・ポール大聖堂の近所のユースホステルに、また適当な会話で泊めてもらう。


 久々に見るが、このユースホステルの受付のネェちゃんは結構かわいい。

とてもイギリス人と思えないレベル。(イギリス人は不細工が多い)

 ユースホステルを予約した後、メシを食べに徘徊。

最近、濃い物ばかり食べていたので、アッサリした物が食べたくなり、

中華街近くで見つけてた日本食屋(従業員は日本人)でうどんを食べた。

恐らく、『冷凍讃岐うどんでは?』と思うが、日本のそこら辺のうどん屋よりも旨いので良し。

うどんに満足して、ユースホステルに帰った。

ヨーロッパで最も(自分の身が)危険な男メニューへ

お馬鹿旅行記のメニューへ

トップへ