ご隠居デンジャラスツアー6 ヨーロッパで最も(自分の身が)危険な男  イギリス編
4月18日 木曜日  今日は朝から、ボービントン戦車博物館に行く予定。

『ワータールー駅』の窓口で往復の切符を購入。(34.4ポンド)

切符購入後、一階のマクドで朝飯を食べる。

購入時に『さうさげ』って何?と思っていたら『ソーセージ』であると判明!自分の英語力の無さを痛感する。

しかも、さっき買ったばかりの切符を紛失。(マクドで落としてた為、スグ見つかる)


 切符発見後、列車が来たので乗車する。

乗車後、検札で『前に行け』と言われたので前方の車両に行く。
(後部の車両は『サザンプトン』で分離、ポーツマス方面に行くと思われる。)

列車は時刻表より30分以上遅れて『Wool』に到着。(アナウンス無し)

タクシー乗ろうと思ったら、金が無い!(トラベラーズチェックと小銭のみだった)

駅前には銀行どころか店屋すら無い!
(近所に在るのはガソリンスタンドのみ)

ご隠居のオヤジの実家周辺ぐらいド田舎である!
(沖縄本島の辺境の地に有る。)


 仕方なく、博物館まで看板に沿って歩いて行く事にする。(30分以上歩く)

『博物館に着くまでに遭遇したのは工事中の土木作業員のみ』の状態で

『気分はガンダーラ』状態になりながらも到着。
(途中に学校が在ったのだが、人影見えず)

延々、歩いて博物館の駐車場案内を発見。

博物館方向に有るいてたら、後方にキャタピラの音が響き渡った。

振り向いたのだが、角度が悪かったのか見えず。


 博物館の敷地内に何故か砲塔が設置されていた。

なんで砲塔を設置してるんやろ?まさかドイツ人上陸に備えて?
 博物館に入る前に所持金を確認。

何とか入館料は有ったのでチケットを購入。

しかし、残金はホトンド無し。(日本円にして200円も無し)

トラベラーズチェックは持ってるんだが、アレは使えるトコと使えん所が有るし・・・
(切符を買う時とかは使えるけど)
これで本日の昼食抜きが確定した。

 博物館の最初の展示物はスケール1/1(実物大)の『塹壕』(塹壕内が通路になっている。)

塹壕の後はイギリスの『菱形戦車』等の大戦前の戦車が並んでいた。

妙に馬鹿デカかったりして、確かに『給水車』と言われたら納得してしまいそうな形をしてる。


 次の展示は『大戦中の戦車』

特にドイツ戦車がホトンド展示されている。

展示されて無いのは、エレファント等の生産数が少ない戦車位では?って程、展示数が多い。

ただし砲・自走砲類はホトンド無いし、一部の車両の色が・・・

特にヤークトティーガーの色がもう少しどうにかならんかったんか?
(毒ガエルみたいな色してる)

駆逐戦車・自走砲類は後に行くムンスターの方が多い。
 流石にイギリス戦車・戦後の戦車は種類が豊富。

イギリス戦車は大半が置いてるんじゃ無いだろうか?

ちなみに試作車両のみのトータス重戦車やブラック・プリンス歩兵戦車も展示されてた。

ご隠居はシャーマン戦車に感銘を受ける。

M4A1         何アノ不細工で無意味に背が高い戦車!(砲塔の大きさの割に車体でか過ぎ)
シャーマンDD     ボロ布まとった乞食見たいやな(乞食シャーマンと命名)
シャーマンXクラブ  女王様とお呼び!(女王様シャーマンと命名)
しかし、フランスのシャールB1よりはマシか。(フランス戦車は不細工やからなぁ)

乞食シャーマン

女王様シャーマン

戦車博物館の手前にある学校

帰りの近道(この近辺で馬に寄られる)
 散々、戦車を満喫して博物館を後にする。

駅へ帰る途中、近道を見つけたので、そちらを歩いていると馬2頭に近寄られる。(モテモテ)

えさを持ってないので『さらばだヤマトの諸君!』と言いながら転進。
(キャラメルは有ったんだが、馬ってキャラメル食うのか?)

駅に着くと同時に列車が来た為、乗って帰る。


 列車内で足元から異臭がした。

旅行出てから靴下を履きかえるのを忘れていて、(時差を考えると四日近く履き替えてない)

その事自体を忘れて、靴下の臭いを嗅いでしまい悶絶した。


臭いのランクはワキガ級

三日に一回は靴下を履き替えるのを忘れない事を決意した。


 食事後、歩いてユースホステルまで帰ろうとして迷子になる。

地図で確認すると、いつの間にか違う通りを歩いていた事が判明。

ロンドンの通りは細いから、道を間違えても解り辛い。
(大阪並みに六車線で直角に道が通ってたらアホでも分かるが、二車線の道で交差しまくってたら・・・)

一応言っておくが、ご隠居は方向音痴では無い。


 7時頃まで明るかったが、7時半になると急に暗くなり、8時になると真っ暗になった。
(多分緯度の関係で太陽の沈むのが早いのでは?)

散々彷徨って真っ暗になった頃にユースへ帰還。
4月19日 金曜日  ユーロスターに乗ってパリに行く。

X線検査の際に手荷物が多くて大苦戦。

何せ持ち物は『大型のリュック』『ウエストポーチ(重い)』『カメラ2台』『財布2種』

『鍵』『朝飯のハンバーガーセット』ってな状態。

何とかX線検査を通過して、列車を待つ間に『朝飯のハンバーガーセット』を食べようと思って取り出したら

コーラでびしょ濡れになってた。

やむを得ずコーラ味のハンバーガー&ポテトを食した。

味はマズイし、黒人の清掃員に不審な目で見られるし・・・



 その後、ユーロスターに乗り込む。(車内は満席)

乗って暫らくしたら、何かアナウンス入ってトンネルへ(多分、『ドーバーやでぇ〜』って事やろ)

ここでイギリスを一回離れる。(大陸徘徊編へ)