ペイントを使った写真アイコンの作り方

STEP 1   画像を用意する

まず、作りたいアイコンに使う画像を用意します。
身近に有る物だったら用意は簡単なんですが、物に因ったらコレが一番難しかったりします。
フリー画像なら問題は無いですが、人様の画像を無断で使うと著作権に引っ掛かるので止めましょう。
特に人間なんかだと肖像権とかも有りますので・・・

また軍艦のアイコンなんてのを考える方が居るみたいですが、止めといた方が良いです。
ってのは特に現代の軍艦はレーダーやら何やらでごちゃごちゃしているので、物凄い手間が掛かります。
で、散々手間を掛けて加工しても縮小したら崩れてしまって判りません。
しかも元が大きいのであまり縮小したら艦型が判り難いし、判る様にしたらアイコンが大きくなりますし。
(それでも作りたいって人は見本がウチの掲示板に戦艦ウィスコンシン&ニュージャージーが有ります)

STEP 2   画像を適当なサイズにする

これは単純に大き過ぎる画像だと作業が面倒なのでリサイズするだけです。
細かい作業が必要(もしくは被写体の境が解り難い)な画像なら8〜1000ピクセル位に、
細かい作業が不要な画像なら500ピクセル程度に縮小します。

ファイル形式はビットマップ形式に変更した方が良いです。(別にJPEGでも出来ますが)

STEP 3   余分な部分を雑に切り取る

 まず余分な部分を『選択(ツールの右上)+Delキー』で雑に切り取ります。

ここの注意点は『間違って必要な部分まで切り取らない』程度です。

↓のようになったらOKです。

STEP 4   余白部を色で埋めてしまう

 先程、切り取った余白部分を被写体に使われていない色で塗り潰します。
画面左下のカラーボックスから適当な色を選んでツールの『塗り潰す(右の上から二個目)』を使って塗り潰して下さい。
被写体に使われてる色と似た色だと紛れて境が判らなくなりかねないので注意。
同様の理由で黒色に塗り潰すのも避けた方が良いです。

ご隠居は基本的に緑色に塗り潰してます。(目に良いし)
これはやってもやらなくても良い作業なんですが、ご隠居の経験上ではやった方が加工し易いです。
理由はSTEP5以降の作業を行う際に白だと線が見難いから

STEP 5   拡大して縁取り

 そのままのサイズだと作業が難しいので、『表示→拡大→拡大する』で画面を拡大します。
そしてツールの『直線(左上から六個目)』を使って縁取りします。
(一見、ツールの『鉛筆』の方が良さそうですが、実際は難しいです)
慣れない内は二番目に細い線ぐらいが使い易いと思いますが、慣れると一番太い線で縁取り(細かい所のみ細い線で)すると作業が捗ります。

STEP 6   細かい所の修正

 画像にも因るのですが、↓の画像のフックの様に邪魔な物が写ってる場合が有ります。
その場合は周囲の似た色の場所を『選択』し、貼り付けて↓の画像の様に隠してしまいます。
ただし、余り細かい物ならほっておいて構いません。
細かい物だと縮小してしまえば判らなくなるので・・・
↓の画像はフックは消しましたが、ワイヤーは残っています。

STEP 7   縮小して完成

 細かいところの修正が終われば、もう余白を白色に戻して下さい。
そして任意のサイズに縮小すればアイコンの完成です。
実際に使うときにはビットマップ形式は容量が大きいので、JPEG形式かGIF形式に変更しましょう。
ちなみにサイズが小さくて色数を減らした場合はGIF形式の方が容量が少なくて済みます。

縮小したのでワイヤーは見えません。

戻る

隠居帝國トップへ
Read Meさん