グラマン F11F タイガー( GRUMMAN F11F Tiger )

イントレピッド博物館に展示されているF11Fタイガーのショートノズルタイプ
イントレピッド博物館に展示されているF11Fタイガーのロングノズルタイプ

F11Fタイガーはエンジンの性能が悪かった為に開発に難航し、
同時期に開発していたF8Uコルセアが成功作だった為に少数の生産かつ短命に終わった。

ロングノズルタイプは大型レーダーを搭載する予定(その為に機首が長い)だったが中断された。

戻る

トップへ