ケノシャ軍事博物館(kenosha Miritariy Museum)

 ケノシャ軍事博物館はシカゴとミルウォーキーの中間(約1時間)のケノシャに在ります。
が、レンタカーを借りないとこのケノシャはかなり行き難いです。
一応、ケノシャにはグレイハウンドのバスが停車しますが本数が余り有りません。
(7時着と夕方着とか入れて一日5・6本程度だったと思う。)
参考としてタクシーでシカゴもしくはミルウォーキーに行くには100ドル掛かるとの事です。
アムトラック(鉄道)の駅も在りますが、本数は少ないみたいです。
しかも、バス停から近いかと言うと遠いです。ってか歩いて行ける距離では有りません。
(バス停は22Avぐらいに在り、博物館は120th Avに在る。つまり通り100Av分位離れてる事になる)

タクシーを使ってさえ『18ドル(チップ含まず)』は掛かりました。
オマケに博物館周囲には何もありませんので、昼食には食事は用意しておくか、
フリーウェイ向かいのマクドまで歩いて行く必要があります。
勿論、フリーウェイを横断するのは不可能なので、1・5kmぐらい迂回する必要が有ります。

一応、開館は10時で入館料は5ドル。
(一応と書いた理由は後述す)

展示物は色々有るのですが、展示と言うより『野晒しで放ったらかしにしてる』だけなので、
状態は錆び&ボロボロ(アバディーンの酷いヤツ並)です。

んで、展示物の種類は多い(戦車類も結構有るし、軍用機も少数有る)のですが、
珍しい物と言えば『訓練用ターレット』ぐらい。

(M41とかも有るけどパットン戦車博物館にも有るし、そちらの方が遥かに状態は良い。)
コルセアだったかクルセイダーだったかも、軍用機と言うよりスクラップを置いてあるだけ。
一部の車輌は比較的マシだが、博物館と言うよりスクラップ置き場って感じである。

挙句の果てがこの博物館はプライベート博物館で撮影は禁止されてます。
(アメリカの公的博物館は撮影OK。軍事施設の撮影は当然駄目だけど)

トドメに毎日10時開館となってるが、本当に10時に開くかどうかは判りません。
ってか、実際に行った日は10時半まで門を開けに来ませんでした。
(10時半開館と張り紙されていた訳じゃなく、人間が10時半まで来なかった
5分10分なら解らんでもないが、30分だからなぁ。しかも、逆ギレされるし)
って事は開館の日でも『プライベート博物館だから休む』などと言って閉館日になる可能性も考えられます。


周囲に何も無いと書いたが、本当に何も無いので冬期には間違っても開館前に行かない様に
4月ですら寒かったです。

Kenosha Miritary Museum
11114 120th Ave. Pleasant Prairie, WI 53158

結論

苦労して行く価値無し
レンタカーでなければ本当に苦労します。(バスだと一日まるまる潰れます。)
しかも周辺に観光出来そうなトコはありません。

アメリカには幾らでも見るべきところはありますし、日にちを掛けてゆっくり見た方が良い博物館もあります。
こんなトコ行って見てる暇が有るなら、そう言う博物館を見るべきです。
(ココ行かずに海軍航空博物館かアメリカ空軍博物館もう一日行くべきやった)
個人的評価(5段階評価)
車両の種類 ☆☆☆ 車両の状態 撮り易さ 撮影不可
行く価値無し
軍事博物館(戦車博物館)へ トップへ