革命軍事博物館《 Military Museum of the Chinese People's Revolution 》

 革命軍事博物館は中国の北京市に有ります。
北京市とは名ばかりの郊外に在る担克博物館や航空博物館と違い、地下鉄で行く事が可能で非常に行き易いです。
天安門西からは地下鉄1号線で5駅の『軍事博物館駅』で降りて地上に上がれば博物館の真ん前に着きます。

展示物は1F館内にソ連兵器の中国製コピーやその発展型、それと日本からの鹵獲車両等が有ります。
館内2Fは各国の銃や小型の兵器が展示されています。
中庭の片側に古い航空機&河川砲艦(鹵獲品や亡命に使われた物も)、もう片側に古い装甲車両(M4とか)が置かれてます。

開館時間は8時半〜16時半まで
入場料は確か大人5元らしい。(ご隠居が行った時は無料だった)

59-I式中型担克

62式軽型担克

63式水陸担克

70式130mm履帯自行ロケット砲

74式火箭布雷車

75式105mm自行无坐力砲

海鷹一号飛弾

東風1号

63式履帯装甲輸送車
革命軍事博物館の2へ
軍事博物館(戦車博物館)へ トップへ