九七式中戦車(Type 97 Middle Tank)

説明 展示されてる博物館
 1936年に歩兵直協の為の戦車の開発が開始され、多少高くても性能の良い車両をと言う案と安い車両を数揃える案で揉めたので両方とも試作する事になった。
で、前者の案で開発されたのがチハ、後者の案で開発されたのがチニであった。
が、シナ事変が勃発した事により陸軍の予算が増えた事からチハが九七式中戦車として採用された。
この時選ばれたチハですら太平洋戦争時にはカモと化していたのだから、チニが選ばれてた日にはもっと洒落にならなかった可能性も・・・けど、両方とも米軍車両より圧倒的に弱いから影響は皆無って事も有り得る。
イギリス軍の歩兵戦車とは違い歩兵直協と言う割に装甲は薄く、戦車を持っていない中国軍が相手でもドイツから対戦車砲を輸入してたりした為、撃破される事もあった。
ってか、ソ連軍にドアノッカーと馬鹿にされた37mm砲に撃破される中戦車って・・・
また、57mm砲を積んでいたが口径は割と大きいが初速が遅く対戦車用には威力が・・・な為、後に貫徹力が少しはマシな47mm砲に載せ変えた九七式中戦車改(新砲塔チハ)が生産された。

九七式中戦車は開発された時点では他国の戦車に比べそれほど劣る存在ではなかったが、他国が新型や改良型等で対戦車能力を向上したのに対して、ノモンハンでボコられたにも関わらず微妙な改造型の九七式中戦車改ですら太平洋戦争開戦以降、後継戦車の一式中戦車に至っては九七式中戦車改を溶接にしただけみたいなシロモノ。
国力が無いから戦車を開発出来なかったのは止むを得ないが、それにしては他のマトモな対戦車兵器の自力開発は無し・・・他国であれば最終手段とされる様な破甲爆雷ぐらいしか自力で開発してないってどう言う事だよ。


九七式中戦車
全長 5.55m   幅 2.33m 重量 15t  最大速度 時速38km 最大装甲25mm
九七式中戦車

靖国神社

若獅子神社

担克博物館


九七式中戦車改

アバディーン戦車博物館
(多分、移転済み)

革命軍事博物館
担克博物館の九七式中戦車
革命軍事博物館の九七式中戦車改
 
アバディーン戦車博物館の九七式中戦車改 
日本戦車いろいろ(Japanese Tank & Cannon)へ

戦車いろいろ(Tank & Cannon Photo)へ

軍事関係(military page)へ

トップへ