特攻平和会館(鹿児島県知覧)

 特攻平和会館は鹿児島県の南部の知覧町にあります。
行き方は、鹿児島駅や鹿児島空港から出てる特攻平和観音行きのバスに乗り、終点まで行くと近くに在ります。
鹿児島空港からは特急バス(1450円 一日四往復)で約一時間十五分、鹿児島市内(山形屋バスセンター始発 920円)からは約一時間半程で行けます。
ただし、鹿児島市内発のバスは途中の知覧バス停止まりのバスも有るので注意する事。
行きはまず大丈夫だと思うが、帰りのバスは知覧バス停発が多いので帰りは要注意。(知覧バス停は1km位だったと思います。)
また、砂蒸し風呂で有名な指宿からもバス(約一時間十五分)は出てますが、一日三往復しか出てません。
展示は主に特攻隊の遺品がメインですが、零式艦上戦闘機(残骸)・三式戦闘機 飛燕・四式戦闘機 疾風(以前は嵐山美術館に展示されてた)・若干小型にレプリカした一式戦闘機 隼が展示されてます。
三式戦闘機 飛燕は国内(アメリカに有るそうだが、現在はロシアでレプリカを作る為に貸し出ししてる)ではここ以外では見れませんし、四式戦闘機 疾風はここにしか現存してません。
三式戦は近くで見ると多少状態が悪いですが、四式戦闘機は嵐山美術館が入手するまでは飛行可能だった事も有り、飛べないとは言えかなり状態は良いです。

基本的に1月1日から12月31日まで開館の予定だが、都合により休館することが有るとの事。
開館時間は午前9時から午後5時まで
入館料金は大人500円 子供300円
ちなみに特攻平和会館は写真撮影が禁止されてます。
画像は博物館から使用許可を頂いて使用しています。
(著作権は知覧町役場が所有してます)

零式艦上戦闘機(ボロ)

三式戦闘機 飛燕

四式戦闘機 疾風

特攻隊員の宿舎

テキサン(何処でも有るな)
日本の博物館など トップへ