海上自衛隊鹿屋航空基地史料館

 海上自衛隊鹿屋航空基地史料館は鹿児島県の鹿屋市にあります。
行き方は、鹿児島市内からであれば鴨池港フェリー乗り場行きのバスにてフェリーターミナルへ
鴨池港から垂水港行きのフェリーに乗り、垂水港から鹿屋方面のバスに乗り航空隊前下車。
鹿児島空港からは市内に出て上記の方法で行くか、鹿屋行きのバスに乗り、鹿屋バスターミナルから航空隊にバスで行く方法とが有ります。
2013年時点では本数は少ないですが鹿児島中央駅前や天文館前から鹿屋市内(航空隊前にも停車)への直行バスが出ています。
直行と言っても鹿児島湾を陸路迂回するのではなく、鴨池〜垂水間はバスごとフェリーに乗船する形(乗船中はバス・船内どちらに座ってもOK)になります。

展示は館外には海上自衛隊にて使用された旧式機(練習機やヘリコプターや哨戒機等)がメインですが、以前は東京の船の博物館に展示されていた二式飛行艇一二型が展示されています。
館内は旧海軍の歴史に関する展示品や特攻隊の遺品、海上自衛隊航空隊の歴史や零式艦上戦闘機等が展示されてます。
館内2Fは基本は撮影禁止ですが零式艦上戦闘機のみ撮影可です。

基本的に1月4日から12月28日まで開館しているとの事。(12月29日〜1月3日が閉館)
開館時間は午前9時から午後5時まで
自衛隊の施設なので入館は無料です。

2式大型飛行艇12型

零式艦上戦闘機52型

P-2J

P-2J 2機目

P2V-7

S2F-1トラッカー

US-1A

R4D-6Q

B-65

KM-2

SNB-4

SNJ

T-34Aメンター

BELL-47

HSS-2A

KV-107II
日本の博物館など トップへ