航空宇宙博物館(National Aero Space Museum)

 航空宇宙博物館は有名なスミソニアン博物館の内の一館で知ってるだろうけどワシントンDCに在ります。
首都だけあって、アメリカでは珍しくレンタカーでなくてもお手軽に行けます。(他はレンタカーが有った方が)
最寄の駅はL’Enfant Plaza駅(レッドライン以外)で、北へ歩いたら右手に見えます。
スミソニアン駅からはほんの少し距離が伸びますが、東に行けばOK。(他の博物館へ寄ってから行くならこっちの方が良い)
詳しくは観光ガイドで・・・ワシントンD.C.を紹介してるガイドなら絶対載ってるし

入館する際に空港並みのボディチェックが有りますので、出来たら荷物を少ない目にしといた方が良い。
スミソニアン博物館は全館無料ですので、当然航空宇宙博物館も無料です。

クリスマス以外は毎日午前10時〜午後17時30分(夏季延長)開館。

ライトフライヤー(ライト兄弟のヤツ)からアポロ計画のシロモノまで展示されてます。
が、軍用機は建物のわりに少ないです。(宇宙物は結構有ります)
どっちか言うと、飛行機の仕組みや歴史がメイン。
展示品はコーナー毎に別けられてます。

ミュージアムショップはB1Fが玩具、1Fが普通の土産物、2Fが書籍・CD・ビデオ&DVDの販売となってます。
何故かB1Fにスタートレックの宇宙船(撮影に使われた物だそうだ byかさぱのすさん)が展示されてます。

XP−59エアラコメット

X−1

X−15

V−1

V−2

各種ロケット

アポロなヤツ

ライトフライヤー

ライト兄弟
航空宇宙博物館の2 航空宇宙博物館の3
軍事博物館(航空博物館)へ トップへ