ルフトヴァッフェ博物館(Luftwaffen Museum)

ルフトヴァッフェ博物館は2002年4月現在、ベルリンにあります。(以前はハンブルグ近郊にあった。)
行き方は、ベルリン・ツォー駅前のバスターミナルで行き先表示がX34のバスに乗りAlt Gatoo(アルト・ガトー)で降り、そこから334系統のバス(病院から博物館の間を走っている小型のバス。博物館は細い方の道に行くときに乗る)に乗り換えて終点で降りると小屋が有り、そこが博物館の入り口になってます。(バスはSバーンの自販機でワンデイチケット(1から7区間)を買うと、バスもフリーで乗れます)
現地で行き方を聞きたい場合は、駅から5分ぐらい歩いたオイローパ・センターで聞けると思います。
(私が行った時は、ホテル案内の地図(無料)に何処で何番のバスに乗り換えてとか書き込んでくれました。)
博物館というと建物内に展示が有りそうですが、ここは展示が滑走路に置いてあります。(ハンガー内にも展示はあるけど)
滑走路の真ん中を歩けば、気分はGメン75!(古すぎ!)
展示内容は大戦機はBf109G−2とMe163(レストア機)ぐらいですが、大戦後の機体は結構多いです。(東側はMig21、西側はF−104が多い)
ちなみに写真を撮影する際に機体の型番をメモって置いたのですが、そのメモを失ったので型番がワカラン機体が多いです。
《型番が分かる方はメールで教えていただけたら、お礼(該当機の壁紙)を送らせていただきます。》

Bf109G−2

後ろから

Me163レストア機

F−104G

F−104

F−104