EAA航空博物館(EAA AirVenture Museum)

 EAA航空博物館はアメリカのウィスコンシン州オシュコシュ(Oshkosh)に在ります。
オシュコシュ(Oshkosh)は五大湖のシカゴの北方にある町で、シカゴからバスで4〜5時間で行けます。
ただ、田舎ですので行くバスは少なく、事前にグレイハウンドのHPで時間を調べておいた方が良いと思います。
オシュコシュ(Oshkosh)のグレイハウンドのバス停(空港前)から博物館までは1・5km程度は有ると思います。
が、交通手段は無いらしいです・・・ご隠居が行った際は空港前にも関わらずタクシーすら見つかりませんでした。

入館料は18歳以上12.50ドルで6歳以上17歳未満は9.50ドル、62歳以上は10.50ドルです。
開館時間は月〜土曜は午前8時半〜午後5時、日曜は午前10時〜午後5時
クリスマスと正月とエースター、サンクスビギングデイ以外は毎日開いてるみたいです。
詳細はEAA航空博物館HPで聞かれたし

展示物は複葉機〜第二次大戦機が主で、F−4U、P−38、P−51、XP−51、B−25、モスキトー等が展示されています。
ライトフライヤーらしき物も置かれてたのですがスミソニアンや空軍博物館にも展示があり、どれが本物か判りません。
また、この博物館には『一式戦闘機 隼』が展示されてると言う情報も有り(実際に以前に行った人が撮影してる)ますが、2004年訪問時点では展示されておらず、HPで確認すると所蔵機体リストに記載されていません。
恐らく他の博物館と交換したか何かではないかと思われます。

ミュージアムショップは広くて色々置いてます。

博物館のHPはコチラ
http://www.airventuremuseum.org/


割と不便で行き辛い博物館なので、行く価値は人によって分れると思われます。(写真は一部です)

F4Uコルセア

P−38Lライトニング

P−51Dムスタング

XP−51

F−89Jスコーピオン

B−25Hミッチェル

J2F−6ダック

HA−112−M1L

F−22の2分の1模型

軍事博物館(航空博物館)へ


トップへ