パーフェクトなモビルスーツの後継機を作ってみた

  ジョニー君(以下、ジ):はぁ〜・・まだ続くんだな。

ご隠居(以下、ご):いや、なんだか肩に引っ掛けるってのに不満な様だから解消する事にした。

ジ:そんなの構わんが

ご:
いや、遠慮するな

ジ:(遠慮じゃないんだが)

ご:って訳で、『パーフェクトガンタンクMk2』にGディフェンサーを結合させる方法なのだが、

  
まず、『パーフェクトガンタンクMk2』にGディフェンサーが付かない理由は?

ジ:接続させるパーツが無いからだろ。

ご:じゃあ接続させるパーツを付ければ良い。

ジ:嫌に簡単に言うな。

ご:このプラモではMk2のバックパックにGディフェンサーを接続する様になってる。

ジ:じゃあ、バックパックをガンタンクに取り付ければ・・・

ご:そう簡単にはいかん。

  ってぇか、
ガンタンクの背面にはMk2のバックパックは取り付けれん。

ジ:・・・じゃあ無理やん。

ご:けど、ガンダムMk2の上半身にはMk2のバックパックは取り付けできる。

ジ:当然だわな。

ご:じゃあ、上半身をMk2にすれば良いじゃないか。

  それで何の問題も無くGディフェンサーがくっ付く。

ジ:・・・それって普通にガンダムMk2ディフェンサーって言わんか?

ご:いや、言わん・・・実際に作ったのが↓
ジ:あ〜上半身はMk2だな。コクピットと言うか顔と言うかはガンタンクだけど。

ご:上半身がMk2の物だから、Mk2のバックパックの装着が可能。

  
故にGディフェンサーとのドッキングが無理なく可能となったのだ!

ジ:う〜ん・・・
それは解ったのだけど、新たな疑問が有るんだが・・・


  
これどうやって両肩のキャノン砲を取り付けてるんだ?


  
ガンダムMk2の肩にキャノン砲を取り付けるパーツなんて無いだろ?

  
両腕の4連装ボップミサイルランチャーは腕を差し替えてるだけなんだろうけど。

  まさか加工して肩にパーツを付けたとか・・・いや、ご隠居がそんなテクが使えるとも思えん。

ご:凄く簡単な方法が有ったんだ。

ジ:そんなに簡単な方法なのか?

ご:この方法だと小学生でも出来ると思うな。

ジ:ってぇ事は加工とかする訳ではないんだな。

ご:うん・・・単にマスキングテープで貼り付けてるだけだし。
ジ:・・・(唖然)・・・

  ・・・何と言うべきか、世間一般では
パーツが接続せずに肩に乗っけてるって状態と

  
マスキングテープが丸見えの完成品ではどっちがマシと言うんだろうな。

ご:
人がやらん事をやるからオリジナルって言うんだろうが!

  
かのコロンブスも卵を立てて世界に名を轟かせただろうが!

ジ:コロンブスが有名になったのは新大陸を見つけたからだ。

  
卵立てただけで有名になられて堪るか。


ご:なお、余ったパーツでもう一体組み合わせてみた。

  名付けてパーフェクトガンダムMk2。

ジ:・・・はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

ご:で、更にパワーアップ。

ジ:
もう完全に訳わかめ。

パーフェクトなモビルスーツの後継機を作ってみた

パーフェクトなモビルスーツの後継機を作ってみた3

お馬鹿外伝のメニューへ


パーフェクトなガンプラへ

トップへ