パーフェクトなモビルスーツを作ってみた

  某月某日、幼少時からの疑問をふと思い出した。

ジョニー君(以下、ジ):で、その疑問とは?

ご隠居(以下、ご):その疑問はと言うと・・・

  ガンダムとガンキャノンとガンタンクって胴体はコアファイターで共通だよな?

  じゃあ上半身ガンタンクで下半身はガンダムっての可能では?って疑問。

ジ:・・・え〜っと、何て言えば良いのかな?

ご:初代ガンダムを見た世代だと一度は考えた事が有ると思う。

  で、つい先日までは正月休みのアメリカ西海岸旅行の打撃で激貧状態の為に実行不能だったのだが、

  ようやく経済的な痛手から立ち直ってきたので試しにガンプラで作ってみる事にした。

  で、出来たご隠居の力作がコレ(↓)
ジ:なんと言うか・・・

ご:名付けてパーフェクト・ガンタンク!

  下半身がガンダムになった事により機動力はガンダム並(?)で、

  かつ4連装ボップミサイルランチャー×2、120mm低反動キャノン×2の重火力武装のモビルスーツで

  オマケに予備武装として腰にハイパーバズーカを携帯しているのだ!






















  問題は指じゃないからハイパーバズーカを掴めないのだが

ジ:持ってる意味無いやん。

ご:なお、便宜的にこのモビルスーツをパーフェクト・ガンタンクと名付けたものの

  履帯が無いのにタンクを名乗って良いかどうかは良く解らん。

ジ:確かにタンクじゃないな。

ご:ちなみにコレを作るに当たって調べてみたらガンタンクのマスターグレードが存在しなかった。

  なので仕方が無いからハイグレード・ユニバーサルセンチュリー(HGUC)で作ったのだが、

  HGUCのガンタンクはコアファイターが変形不可で、パーツとして分解する様になってた。

ジ:何が言いたいの?

ご:結論から言うと上半身は乗っけてるだけでくっ付いてない。

  ガンダムのBパーツ(下半身)の上にコアブロック部とガンタンクAパーツを乗っけてるだけだから、

  少しでも振動を与えるとスグに上半身が落ちてしまう。

  ってか、置くのもバランスを取って慎重に置かないと立たない。

ジ:ひょっとしてそれでか?

  普通なら構えるとかもっと格好付きそうなポーズをとるだろうに妙なポーズしてるなとは思ってたんだが


ご:当たり。両腕を左右に広げてるのはバランスを取り安くする為である。

  更には両肩のキャノン砲も真上に上げた方がバランス良かったのだが、

  流石にこれは露骨過ぎたので却下した。

パーフェクトなモビルスーツを作ってみた2へ


パーフェクトなガンプラへ

トップへ